WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【府中牝馬S】スカーレットカラー重賞初V 後方2番手から魅せた最速末脚

 豪脚を発揮したスカーレットカラー(撮影・園田高夫)

 「府中牝馬S・G2」(14日、東京)

 4番人気のスカーレットカラーが、後方2番手から直線でメンバー最速の上がり3F33秒2の豪脚を発揮して差し切り、うれしい重賞初制覇を決めた。速い流れを想定して、レース前から直線勝負と読んでいた岩田康はしてやったり。「自分のリズムを崩さず、じっくり構えました。本当に力をつけているし、距離は延びても大丈夫。G1でもいいパフォーマンスを見せられると思います」と話した。

 14年CBC賞(トーホウアマポーラ)以来のJRA重賞Vとなった高橋亮師は「届くかどうか心配したけど、いい脚を使ってくれました」とニッコリ。オーナーサイドの意向で天皇賞・秋に登録するが、次走はエリザベス女王杯(11月10日・京都)が濃厚だ。充実の秋を迎えた4歳牝馬が、大輪の花を咲かせようとしている。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP