WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

クロノジェネシス ラヴズオンリーユーとの再戦に燃える 秋華賞V一夜明け

 クロノジェネシス

 牝馬三冠最後のタイトルをつかみ取ったクロノジェネシス(牝3歳、栗東・斎藤崇)が、一夜明けた14日、栗東トレセンで元気な姿を見せた。和田助手は「レース後もいつもと変わらない。元気ですよ」と目を細める。オークスからの直行で、馬体重20キロ増の出走。「大きくなっているし、成長分。勝てる馬だと思っていたので、能力を出せて良かったと思う。ホッとした」と笑みを浮かべた。

 次走はエリザベス女王杯(11月10日・京都)。「在厩で仕上げるので、変わりなく行ければ。使って上積みもあるので」と古馬撃破、樫の女王ラヴズオンリーユーとの再戦に意欲をのぞかせていた。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP