WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【秋華賞】サンデーレーシング吉田代表「全てうまく」 クロノジェネシスのオーナー

 クロノジェネシスと鞍上でガッツポーズする北村友一

 「秋華賞・G1」(13日、京都)

 芦毛の馬体を躍らせ、4番人気のクロノジェネシスが直線鮮やかに抜け出して完勝。桜花賞馬もオークス馬も不在ならば負けられぬとばかりに、無冠に終わった春の雪辱を見事に果たした。

 オーナーである(有)サンデーレーシングの吉田俊介代表(45)は、「ペースが速く、ちょうどいいところから運べました。夏休みを取って体が大きく成長していましたし、とてもフレッシュないい状態で臨めました。全てうまくいったと思います」と晴れやかな表情で語った。

 この春には半姉ノームコアがヴィクトリアMを制すなど、繁殖牝馬として確かな地位を築いた母クロノロジストは現在、モーリスの子を受胎中。1歳は父モーリスの牡馬、2歳にはルーラーシップ産駒のクロトノーナ(牝、美浦・大和田)がいる。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP