WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【アイビスSD】ライオンボス “直千の申し子”が重賞初V狙う

 圧倒的なスピードで重賞初Vを狙うライオンボス

 「アイビスSD・G3」(28日、新潟)

 ライオンボスは直千競馬初挑戦の前々走・邁進特別で、衝撃の走りを見せた。好ダッシュを決めて外ラチ沿いに誘導されると、一気にトップギアへ。全開のスピードは最後まで衰えることなく、後続に5馬身差をつける圧勝劇。勝ち時計の54秒1は1000万下では破格のタイムだ。

 さらに中1週で格上挑戦した韋駄天Sでも、ダッシュ良くハナを奪うと、2F目には9秒9という驚異的なラップを刻んだ。2着馬との差は3/4馬身だったが、着差以上に余裕を感じさせる走りでフィニッシュ。持ち時計を更新し、改めて直線競馬への適性の高さを示した。

 「スピードの持続力が違う。しかも、しっかり息も入れている。乗りやすい馬です」と相棒に全幅の信頼を寄せるのは、コンビで2戦2勝の鮫島駿。17日の1週前追い切りに栗東から駆け付けると「動きは良かったし、時計的にも満足のいくものでした。人気を背負うと思いますが、それに応えられる状態です」と、自身の重賞初Vに自信をのぞかせた。

 「疲れも取れて順調に来ています。距離は千二まではこなせると思いますが、まずはここに全力投球ですね」と和田郎師。斤量はここ2戦の53キロから56キロに増えるが、目下の充実ぶりなら問題はないだろう。突如現れた“直千の申し子”が歴史に新たな名を刻む。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP