WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【中京記念】ミエノサクシード 余力たっぷり リズム重視でフォーム滑らか

 栗東CWで好ムードを漂わせたミエノサクシード

 「中京記念・G3」(21日、中京)

 ヴィクトリアM6着から挑むミエノサクシードは17日、栗東CWで単走。内寄りにコースを取り、スムーズにストライドを伸ばした。1週前に同じくCWでしっかりと併走先着を決めているため、この日はリズム重視。滑らかなフォームで余力を残したままフィニッシュした。

 「馬場の内めを通ったので、タイムは速くなりましたが、予定していた通り軽めの調整で。順調に来ています」と見届けた高橋亮師は状態の良さを確認。「前走は速い時計の中、頑張ってくれました。ダメージを心配しましたが、大丈夫でしたし、目標を決めて調整することができましたからね。時計のかかる馬場もいいと思います」と続け、万全の仕上がりを強調した。

 充実期を迎え、安定感はグンとアップ。7着だった昨年のリベンジへ。こだわりのマイル戦で結果を出す。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP