一般ニュース & トピックス

【中京記念】グルーヴィット 3馬身半先着で好調アピール 松永幹師「楽しみ」

 栗東坂路を力強く駆け上がったグルーヴィット

 「中京記念・G3」(21日、中京)

 力強い動きで、みるみるうちに僚馬を突き放した。古馬初対戦となるグルーヴィットが17日、栗東坂路で猛烈デモ。先行させたブラゾンダムール(4歳1勝クラス)を残り100メートルでとらえると、そこから一気に加速する。4F52秒2−37秒6−11秒7の好タイムをたたき出し、3馬身半先着した。

 初めてまたがった松山の表情を緩ませた。「いい動きでしたね。乗りやすい馬でしたし、反応が良く、最後(1F)も12秒を切りましたからね」と好感触を伝える。見守った松永幹師も「これだけ動けば楽しみです」と納得の笑みを浮かべた。

 今開催の中京は雨にたたられており、今週も週末にかけて、ぐずついた天気が予想されている。道悪競馬は避けられない見通し。ダートで2戦2勝のパワー型のグルーヴィットにとっては歓迎材料だろう。「中京が合いそうなタイプ。ハンデも52キロと軽いですからね。いい結果を出せるよう頑張ります」と鞍上は色気あり。ファルコンS2着とコース適性は証明済み。軽量を生かして、古馬撃破をもくろむ。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP