一般ニュース & トピックス

ロジャーバローズ帰厩へ

 「有力馬次走報」(10日)

 ◆今年のダービー馬で凱旋門賞・仏G1(10月6日・パリロンシャン、芝2400メートル)に挑戦するロジャーバローズ(牡3歳、栗東・角居)が、来週帰厩することになった。僚馬で同レースを目指すキセキ(牡5歳)は再来週にも帰厩する。「ロジャーバローズの方が間隔もあいていますからね。キセキの方が馬ができるのも早いと思うので」と辻野助手。帰厩後は約1カ月間栗東で調整して、出国する予定。欧州で前哨戦を使って、本番に臨む方針だ。

 ◆巴賞3着のカデナ(牡5歳、栗東・中竹)は、小倉記念(8月4日・小倉、芝2000メートル)に向かう。僚馬で函館SS2着のアスターペガサス(牡3歳)は、キーンランドC(8月25日・札幌、芝1200メートル)へ。また、マリーンSでオープン連勝を飾ったリアンヴェリテ(牡5歳)は、エルムS(8月11日・札幌、ダート1700メートル)で重賞制覇を狙う。2着のモズアトラクション(牡5歳、栗東・松下)も同レースへ。

 ◆プロキオンS7着のキングズガード(牡8歳、栗東・寺島)は、夏休みに入る。今後については「マイル路線を中心に2回ほど使ってから、チャンピオンズC(12月1日・中京、ダート1800メートル)を目指したい」と寺島師。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP