WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【フェブラリーS】ノンコノ“夢”終わらない 状態上昇!得意舞台で豪脚爆発だ

 史上2頭目の連覇へ向けて、確実に調子を上げてきたノンコノユメ

 「フェブラリーS・G1」(17日、東京)

 昨年の覇者ノンコノユメが、連覇達成へ盛り上がりを見せている。前走のチャンピオンズCは前が残る展開。追い込み脚質で不器用なところがあるだけに、厳しい競馬だった。度外視していい。今回は全8勝のうち6勝をマークし、昨年Vを含む重賞4勝の東京コース。明けて7歳となったベテランホースが、得意の舞台で再び存在感を誇示する。

 連覇を狙うノンコノユメが調子を上げている。昨年はチャンピオンズC9着から、根岸Sを制して本番Vへつなげたが、今回は2着した3年前と同じく、チャンピオンズC(7着)からの直行で向かう。昨年とはローテこそ違えど、浅利助手は「状態は昨年と同じ。いや、昨年よりいいかもしれません」と手応えをつかんでいる。

 状態を判断する上で重要となるのが、1週前追い切りだ。気分屋で実戦に集中できないところがあった。そこで1年前の根岸Sから取り入れたのが、美浦北C(ダート)での追い切り。1週前に実戦さながらのケイコを課すことで、戦闘モードへ突入させる。昨年はレース間隔が詰まっていたため、本番前には行わなかったが、前哨戦で実施したことがVへの要因となった。

 今回の1週前追いも北Cで敢行。実戦を想定した3頭併せで、7F94秒9−36秒8−12秒4の猛時計を記録した。「競馬に近い形で追い切りを行い、息は完全にできています。ダートでやると気持ちのスイッチが入るし、前向きさが出ていますね」と出来の良さを強調した。

 連覇達成となれば、14、15年コパノリッキー以来、史上2頭目となり、セン馬としてのJRA・G1・2勝は初の快挙となる。同助手は「東京は得意だし、楽しみです」と期待を膨らませる。衰え知らずのベテランホースが、今年も“自分の庭”で豪脚を全開させる。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP