一般ニュース & トピックス

【菊花賞】エタリオウ上昇ムード M・デムーロの手綱で1勝馬初の菊制覇へ!

 3頭併せで負荷をかけられたエタリオウ(中)

 「菊花賞・G1」(21日、京都)

 上昇ムードだ。エタリオウは17日、栗東CWへ。先行するアドマイヤデジタル(3歳500万下)、同じく菊花賞に出走するユーキャンスマイルとの3頭併せで、真ん中から発進した。馬体を並べて直線に向くと、鞍上の追いだしに応え、首を上下に使って力強く伸びる。最後は最内の後者に半馬身遅れたが、6F83秒7−38秒6−12秒2で前者に半馬身先着した。

 「最後まで集中して走れたと助手は言っていた。ジョッキーと助手の差だし、(遅れは)問題ない」と友道師の表情が曇ることはない。神戸新聞杯は最後方から追い込み、ダービー馬ワグネリアンと半馬身差の2着。「前走も最後だけの競馬だったので疲れはない。1回使った上積みの方が大きい」と胸を張った。

 以前は集中力の持続が課題だったが、青葉賞からブリンカーとメンコの組み合わせに変えたことに加え、前々走で騎乗したボウマンの「最後の脚にかけた方がいい」という進言がプラスに出ている。

 「ダービーを使う前から長距離でいいと思っていた。ひと回り大きくなり、胴が長くなってより長距離向きの体形になった。去年勝っているジョッキー。同じような競馬で勝ってくれると期待しています」と三冠完全制覇が懸かる師は意欲。昨年、キセキを勝利に導いたM・デムーロの手綱で、1勝馬初の菊制覇を果たしてみせる。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP