一般ニュース & トピックス

福永が美浦に見参!グローリーヴェイズ最終リハに騎乗 菊獲りに意気込み十分

 久々の菊花賞Vへ好感触を伝える福永

 ダービージョッキーが美浦に見参−。菊花賞でコンビを組むグローリーヴェイズの最終リハに騎乗するため、福永祐一騎手(41)=栗東・フリー=が駆け付けた。

 前走の佐渡S(新潟芝2000メートル)を1分56秒6の好タイムで走破した実力馬。「昨年の(菊花賞馬)キセキ(信濃川特別・新潟=1分56秒9)もそうだけど、この時計はなかなかない。今回の騎乗依頼を受けさせてもらうにあたり、魅力的に感じた部分のひとつです」と語る。きさらぎ賞2着、京都新聞杯4着と、京都での実績も十分だ。

 「母父が(短距離系の)スウェプトオーヴァーボードというのは気になるけど、“メジロ”の血が入っているから」。母系に悠々と流れる日本ゆかりの名血にも期待を寄せる。

 最終リハは美浦Wで6F84秒4−39秒4−12秒7。初コンビでも息の合った走りで、併走馬にきっちり1馬身先着した。「自分でバランスバック(走りの重心を後ろに残せる)できるのはいい要素。京都芝3000メートルは下り坂を2度越えるコース。前のめりのバランスでは難しいから」。13年エピファネイア以来の菊獲りへ、攻略のイメージはつかんでいる。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP