一般ニュース & トピックス

アルバートはモレイラとの新コンビで京都大賞典へ

 「有力馬次走報」(13日)

 ◆宝塚記念13着後、休養しているアルバート(牡7歳、美浦・堀)は、モレイラとの新コンビで京都大賞典(10月8日・京都、芝2400メートル)へ。僚馬で宝塚記念12着のサトノクラウン(牡6歳)は天皇賞・秋(10月28日・東京、芝2000メートル)か、ジャパンC(11月25日・東京、芝2400メートル)での復帰を視野に入れている。

 ◆1年以上勝利から遠ざかっている昨年の皐月賞馬アルアイン(牡4歳、栗東・池江)は、始動戦のオールカマー(23日・中山、芝2200メートル)へ向け、栗東坂路で1週前追い切り。4F51秒9−37秒9−12秒4の好タイムをマークした。池江師は「動き自体はまずまずだね。ただ、ちょっと体に余裕があるから。輸送でどこまで絞れるかになりそう」と太め残りを懸念していた。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP