一般ニュース & トピックス

【関屋記念】リライアブルエース 馬体締まって…膨らむ期待 陣営「いまだに進化」

 絶好調。力強く栗東坂路を駆け上がるリライアブルエース(撮影・石湯恒介)

 「関屋記念・G3」(12日、新潟)

 今度は逃さないゾ!初のタイトル奪取を狙うリライアブルエースが8日、栗東坂路で文句なしの動きを披露。馬なりながら、ラスト1Fは12秒6の軽快な走り。〈1・2・1・0〉と好条件のマイル戦。3度目の重賞挑戦で決める。

 その末脚は“エース級”だ。初のタイトルを狙うリライアブルエースが、今の好調ぶりを見せつけるかのように、ダイナミックなフォームで栗東坂路を駆け上がった。

 単走ながら、ウッドチップがはじけ飛ぶほどの力強い走り。4F54秒5−38秒8−12秒6の時計をマークし、余力十分でフィニッシュした。「1週前にしっかりやっているし、今週は輸送もあるので流しました」と安藤助手は追い切りの意図を説明。「体も締まっているし、自信を持って出せる状態です」と、文句なしの仕上がりに満足げな様子だ。

 今年1月に500万特別を勝つと、そこから一気に上昇カーブを描き出した。2度目の重賞挑戦となった前走の中京記念は3着。待望のタイトルは目前にまで迫っている。同助手は「気性面が落ち着いてきましたね。余計なしぐさがなくなり、調教でも力みがなくなって古馬らしくなってきた」とうなずく。

 3歳時に屈腱炎を患い、復帰までに約1年5カ月もの歳月を費やした。陣営にとって続いた我慢の日々。それだけに懸ける思いは強い。池田厩務員は「今は脚元も良くなって、オーラが出てきたね。最近は“いい馬ですねえ”と、関係者から言われるようになったよ」と笑みを浮かべる。「筋肉の張りがいいし、いまだに進化している。この馬の末脚を生かせれば」と期待は膨らむばかりだ。

 一度は“引退”の二文字もちらついたが、再び力強くターフへ帰還。本当の戦いはここからだ。遅咲きの“エース”が夏の主役へと躍り出る。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP