一般ニュース & トピックス

【地方競馬】セトノプロミスが御厨人窟賞制覇で重賞3勝目

表彰式で重賞初勝利を喜ぶ林謙佑騎手(右)

 「デイリースポーツ創刊70周年記念・御厨人窟賞」(11日、高知)

 ナイター開催の4日目7Rで争われ、3番人気のセトノプロミスが直線で鮮やかに伸びて、重賞3勝目を挙げた。2着は5番人気のギンパリ、3着には2番人気のナンヨーマークが入った。1番人気のイッツガナハプンは6着に敗れた。

 完勝だ。伸び脚は際立っていた。4角を過ぎてギンパリが先頭に立つと、道中しっかりと脚をためていたセトノプロミスが外から猛然と襲いかかる。そのまま瞬時にかわすと、最後は2着馬に1馬身差をつけてゴールに飛び込んだ。

 重賞は前々走の黒潮スプリンターズカップ以来3勝目。やはり距離は短い方が合う。前走のだるま夕日賞はマイル戦で5着に敗れただけに、1400メートルへの距離短縮で見事に巻き返してみせた。

 鞍上の林謙佑騎手にとっては、デビュー3年目でうれしい重賞初勝利となった。「いい馬に乗せていただいたおかげです。前走はハミをかんで全く制御できなかったんですが、今回はその反省を生かせました」と笑みを振りまいていた。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP