一般ニュース & トピックス

【AJCC】ゴールドアクター遅れも問題なし 中川師も納得「ここまで順調」

 追い切りではやや遅れてしまったゴールドアクター(手前)

 「AJCC・G2」(21日、中山)

 昨年6月の宝塚記念2着以来となるゴールドアクターは11日、宮崎(レースでは武豊)が騎乗し、美浦Wでリヴェルディ(4歳1000万下)を約5馬身後方から追いかける形でスタート。直線入り口では内から馬体を並びかけたが、そこから突き放されてしまった。それでもタイムは5F66秒5−37秒6−13秒6とまずまずだった。

 「相手が動いたし、遅れたのは仕方ない。ここまで順調に来ている」と中川師。有馬記念には間に合わなかったが、春の大目標を大阪杯(4月1日、阪神)に切り替えて、ここから始動する。近2戦でコンビを組んだ横山典がミッキースワローに騎乗するため、今回は武豊との初タッグ。「休養が長くなったけど、いい競馬をしてくれると思う」とトレーナーは前向きだ。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP