一般ニュース & トピックス

アドマイヤデウス故障 日本から豪州に移籍 復帰は絶望的な状況

 今年、日本から豪州に移籍し、コーフィールドC・豪G1(21日・コーフィールド)に向けて調整されていたアドマイヤデウス(牡6歳)が17日、調教中の故障により、生死の境をさまよっていると主催者のサイト「RACING.COM」が伝えた。

 同サイトによると火曜朝、併せ馬を行った際に、ゴールから100メートル手前でデウスが急失速。診断の結果、靱帯(じんたい)を損傷していることが判明した。「もし、彼が再び競走に復帰するとなれば、驚くだろう」と陣営はコメントしており、症状はかなり重篤なものとみられる。

 コーフィールドCは当然のことながら回避。メルボルンC・豪G1(11月7日・フレミントン)を大目標に置き、ジャパンCにも登録していたが、復帰は絶望的な状況。現在、現地で懸命な治療が行われている。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP