平日コンテンツ

『驚くべき進化を遂げた遅咲きの勇者』


【2010年 札幌記念】

 遅生まれ(5月17日)にもかかわらず、2歳7月にはトールポピーやキャプテントゥーレといった後のクラシックウイナーを相手に新馬勝ちを果たしたアーネストリー。ただし、上腕部の骨膜に泣き、8か月間も沈黙を守る。3月の阪神、芝2200m(3着)で戦列に復帰したものの、今度は腰に不安(股関節炎)を発症した。
 調整には苦労が多く、前向きな発言で知られる佐々木晶三調教師でさえ、こう嘆いたほどだった。
「落ち着かせれば物見ばかりするし、厳しく接すると行きたがるやっかいな性格。どたどた走ってるように見えても、能力の違いで動いちゃうから、加減が難しい。フォームも独特でね。前肢は硬くて出ないのに、トモの力は強くて踏み込みすぎる。だから、負担が大きいし、レースでも器用さに欠くんだ」
 5か月半の休養を挟み、コンスタントに出走できる下地ができたのに、新たな課題も。レース前に激しくイレ込むようになったのだ。
「知床特別(5着)は、特にひどかった。4人かがりで、なんとか鞍を置いたくらい。ゲートが開けば、すぐにトップギアや。でも、我慢して長めの距離を選んで使ってきた。忙しい流れを一度でも経験させたら、我慢が利かなくなるよ」
 それ以来、同馬が馬場入りするのは、馬がまばらになった調教時間の最後に定着した。些細なことにもかっとする面に配慮してのことだ。
 そんな状況でも、着実に進歩。札幌開催で連勝を飾る。準オープンへの昇級3戦目となった御堂筋Sではナムラクレセント(菊花賞3着、後に阪神大賞典、天皇賞・春を3着)に2馬身半差の楽勝。日経賞(4着)、新潟大賞典(5着)、エプソムC(10着)と、一時は重賞の壁が厚いかと思わせたが、夏場の休養で一段とスケールアップした。大原Sでアクシオンらを3馬身半も置き去りにし、アルゼンチン共和国杯も2着に粘る。そして、中日新聞杯を制して重賞ウイナーに輝いた。
 5歳シーズンのスタートを前に、後肢で右前をぶつけるアクシデントがあり、蹄に外傷を負ってしまう。それでも、プール調整で体をつくり、懸命に立て直されたところ、金鯱賞をあっさり抜け出した。宝塚記念(3着)も先頭とは1馬身差だった。
「関節が硬いままで肩は出ないけど、キャンターに行けば別馬。弱点をカバーして余りあるいい筋肉が備わってきた。いかに消耗させずにゲートインさせるか、それが課題だったが、もうやきもきすることはない。精神的にもたくましくなり、苦手の地下馬道を悠然と歩けるようになった。古馬になって、これほど変わる馬は初めて。性格や雰囲気がよく似ているタップダンスシチーと比べても、驚くほどの進化だよ」
 札幌記念を鮮やかに制覇。しきりに行きたがる傾向も薄れ、がっちりと好位をキープ。楽な手応えで先頭に躍り出ると、コンマ3秒の決定的な差を広げ、悠然とゴールに飛び込んだ。
 天皇賞・秋(3着)以降にゆっくり休養させたことにより、さらに心身の成長を遂げた。7か月ぶりの金鯱賞は3着に終わったものの、渾身の仕上げに応え、宝塚記念ではついにG1の勲章を手にする。2番手から早めに先頭。ブエナビスタ(ジャパンCなどG1を6勝)に1馬身半の決定的な差を付け、レコードタイムを叩き出す快勝だった。
 左前脚を軽く捻挫し、予定していた札幌記念を回避。オールカマーへは慌ただしい調整過程で臨むことになったが、単勝1・4倍の支持に応え、危なげないパフォーマンスを披露する。
「70%くらいなのを本番では100%に持っていけ、天皇賞・秋(14着)に関しては完璧なデキ。でも、東京の2000mで18番枠を引けば6馬身くらいは不利だよ。ゲートで外へ逃げるのを修正しながら、なんとか3番手をキープできたとはいっても、インからのプレッシャーでハミを噛む最悪のパターン。位置取りはともかく、決して自分のかたちじゃない。しかも、あのペース(5ハロン通過が56秒5)では。あの過酷な一戦が堪え、その後は本来の闘争心が薄れてしまったね」
 有馬記念は10着。7歳時も宝塚記念(7着)、天皇賞・秋(11着)、有馬記念(11着)と見せ場をつくれず、種牡馬入りが決まった。
 母レットルダムール(3勝)はトニービンの肌であり、その半兄にアグネスカミカゼ(目黒記念)。祖母ダイナチヤイナの全兄にギャロップダイナ(安田記念、天皇賞・秋)がいる。有馬記念(2回)、宝塚記念などに勝ったグラスワンダーの後継。同じ父のスクリーンヒーローが、モーリス(天皇賞・秋、香港CなどG1を6勝)、ゴールドアクター(有馬記念)らを送り出して大成功している。産駒は希少だが、一発長打を期待したい。
 


第46回札幌記念(GⅡ)
1着アーネストリー  牡5 57 佐藤哲三 佐々木晶三
2着ロジユニヴァース 牡4 57 横山典弘 萩原清
3着アクシオン    牡7 57 岩田康誠 二ノ宮敬宇

 単勝  240円
 枠連  720円
 馬連 1,610円
 馬単 2,900円

3連複  9,560円
3連単  39,100円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP