平日コンテンツ

『熱きエールに応えて駆け上がった夢の頂』


【2009年 クラスターカップ】

エスポワールシチー(JCダート、フェブラリーS、南部杯3回、かしわ記念 3回、JBCスプリント)で一時代を築いた安達昭夫調教師。それに先駆け、厩舎に初となるG1の勲章をもたらしたバンブーエールのことも忘れてはならない。
 安達トレーナーは、こう健闘を称える。
「4歳時の栗東S(1着)で左ヒザを骨折。競走能力喪失に相当する重傷(剥離骨折などと違い、手術が不可能な板状骨折という故障形態。最終診断は全治1年)だと、JRAの獣医師から告げられたほどです。それを乗り越え、無事に走り続けただけで信じられない出来事なのに、復帰後はあっという間にJBCスプリントまで登り詰めてしまった。あんなに充実するなんて、とても想像できなかったですね」
 ダートでコンスタントに良績を収めたアフリートの産駒。母はイギリス産のレインボーウッド(その父レインボウクウェスト、不出走)であり、同馬の叔父にサラトガシックス(米G1・デルマーフューチュリティS)、ダンビース(英G1・フューチュリティS)がいる。
 早くから頭角を表し、小倉(ダート1000m)で未勝利を脱出。7か月の休養を挟んで、阪神のダート1200mも連勝を飾った。3歳時もトップクラスと渡り合い、昇竜ステークス(1700m)に優勝。2000mのジャパンダートダービーやダービーグランプリでも2着している。
 ただし、成長するにつれ、潜在していたスピード指向が強まってきた。表面に出るようになった。結果的には1年2カ月もの休養によって、同馬はたくましく変身を遂げる。北陸S、BSN賞、ペルセウスSと、次々に差し切りを決めた。
 そして、JBCスプリントへと駒を進める。古豪のブルーコンコルド(4着)に1番人気(単勝1・7倍)は譲ったが、2・7倍の支持を集め、一騎打ちのムード。小回りコースを意識して、果敢に先手を奪うと、後続に息を入れさせない絶妙のペースを演出した。ゴールまで脚色は衰えず、追いすがるスマートファルコン(2着)を堂々と振り切る。
 持ち乗りで担当した森崎教太調教助手も、感動に震えたという。
「もともと垢抜けたスタイルをしていましたが、ちょっと頼りない感じが残っていたんです。内臓に弱さがあり、たびたび腹痛を訴えたり。それが、すっかり安定して好状態をキープできるようになりましたよ。デビュー当時より20キロくらい体重が増え、ぐんとパワーアップ。他馬を怖がったりする精神的な危うさも解消しました。真面目な性格ですし、普段はどっしりしていても、闘争心や勝負根性がすごい」
 みごとに栄光をつかめたのも、陣営の深い愛情があったからこそ。左前の蹄だけ小さく、負担がかかりやすい肢勢ではあっても、森崎さんの熱心なケアによって、ぎくしゃくしがちな歩様も目立たなくなっていた。
 根岸S(5着)、フェブラリーS(8着)は足踏みしたものの、世界の一線級を相手にドバイゴールデンシャヒーンでも4着に健闘。さきたま杯(2着)、プロキオンS(3着)を経て、クラスターCで復活の勝利を収める。
 好スタートを切り、小細工せずにハナへ。ハイラップを刻みながらも、驚異の粘り腰を発揮した。59キロの斤量を背負っていたため、ラストでクビ差のまで詰め寄られたとはいえ、力の違いでねじ伏せる強い内容だった。
 東京盃も連勝を重ね、二度目の頂が視界に入ってきた矢先、左前の屈腱に炎症を発症。結局、復帰を果たせず、種牡馬入りした。
「トップに立てる器だとずっと信じていて、勝たせてあげないと馬に申し訳ないとも思っていました。願いがかなった喜びは格別でしたね。まだ奥があると見込んでいましたので、トラブルは無念。ただし、卓越したポテンシャルを十分にアピールでき、あきらめないことの大切さを教えてくれました。巡り会いに感謝するしかありません」
 


第14回クラスターカップ(JpnⅢ)
1着バンブーエール   牡6 59 松岡正海 安達昭夫
2着トーセンブライト  牡8 57 安藤勝己 加藤征弘
3着メイショウバトラー 牝9 55 武 豊  高橋成忠

 単勝 110円
 枠連 150円
 馬連 160円
 馬単 210円

3連複  220円
3連単  420円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP