平日コンテンツ

『まっすぐな愛情を電撃戦に集約させて』


【2010年 アイビスサマーダッシュ】

体質の弱さからデビューが遅れながら、3歳6月に阪神(ダート1200mを4着)に初登場すると、楽々とハナを切るスピードを示したケイティラブ。小倉のダート1000mは3馬身差の快勝だった。
 父は堅実な勝ち上がりを誇ったスキャン。母ウイニングリバー(その父ムーンマッドネス、地方4勝)の弟妹にビーマイナカヤマ(ガーネットS2回など重賞8勝)、マイネルフォーグ(京王杯2歳S2着、ニュージーランドT2着)、ケイティローレル(ケイティブレイブの母)がいる優秀な一族であり、同馬の半兄にはマイネルブルック(きさらぎ賞)がいる。
 器用に緩急が利かない一本気な性格だけに、昇級後は4連敗。ただし、初の芝となった4歳5月の新潟では、名物の直線コースを一気に逃げ切る。3戦続けて不発に終わったものの、翌春も新潟の芝1000mに照準を合わせ、みごとに3勝目をマーク。続く稲妻特別を連勝で突破した。
 主戦の野元昭嘉騎手に替わり、初めて手綱を取った西田雄一郎騎手は「この条件であっても、ハナを切って押し切るのは至難の業。〝直千〟がぴったりです」と笑みを浮かべた。
 準オープンの壁は厚く、ラストでの失速を繰り返したとはいえ、6歳時も得意のコース(駿風S)で3着に巻き返す。コーナーがあるテレビユー福島賞もハイペースを粘って3着に食い下がった。そして、アイビスサマーダッシュへのチャレンジを決断する。
 適性は確かでも、格上となる重賞の常連メンバーが相手。単勝13・0倍の8番人気に甘んじた。それでも臆することなく、二度目の騎乗となった西田騎手は出ムチを入れて先手を主張。2ハロン目が9秒9、さらに10秒3、10秒1と究極のラップを重ねた。後続が懸命に追いすがっても、なかなか差は縮まらない。さすがにラストで12秒0に失速しても、コンマ1秒のアドバンテージを保ったまま、栄光のゴールに飛び込んだ。
「1年ぶりの騎乗でも、この舞台なら通用するって、自信を深めていたんです。いい馬に、いい状態のときに乗せてもらい、感謝するしかないですね。きょうはゲートでも落ち着きがありました。テンのスピードを生かし、懸命に力を尽くしてくれましたよ。時計を詰めているあたりは、ここにきての成長を物語るもの。自分にとっては、忘れかけていた重賞の味です。ずっと先頭でしたので、短いはずの距離がとてつもなく長く感じました。これを励みに、もっとがんばりたい。地味で影が薄く、髪も薄いジョッキーですが、応援してください」
 と、周囲を爆笑の渦に巻き込んだ西田騎手。これが14年ぶりなる重賞のタイトルではあったが、「直千マイスター」と呼ばれるようになり、ラインミーティア(2017年)でも同レースを制覇することととなる。
 一方のケイティラブは、北九州記念(13着)、セントウルS(14着)とキャリアを重ねて繁殖入り。JRAでの産駒の勝利は、いまのころマイネルエメによる1勝のみだが、母としても大きな可能性を秘めている。まっすぐな魂を受け継いだ逸材の登場を待ちたい。
 


第10回アイビスサマーダッシュ(GⅢ)
1着ケイティラブ    牝6 54 西田雄一 野元昭
2着ジェイケイセラヴィ セ6 56 江田照男 坂本勝美
3着マルブツイースター 牡5 56 柴田善臣 中尾秀正

 単勝  1,300円
 枠連  1,710円
 馬連  4,800円
 馬単 10,410円

3連複  153,890円
3連単  848,340円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP