平日コンテンツ

『勇敢な進撃を支えた敏腕ステーブルの英知』


【2016年 中京記念】

 社台ファームでの育成時も素質を高く評価されていたガリバルディ。日本競馬を牽引するディープインパクトの産駒であり、イタリア1000ギニーを制したシェンク(その父ザフォニック)が母。同馬の姉兄にマルカシェンク(デイリー杯2歳S、関屋記念)、ザレマ(京成杯AH)らがいる。
「このファミリーらしく雄大な馬格を誇り、パワーが非凡。ディープらしい切れも兼備していて、2歳の5月末に入厩した時点でも、やればいくらでも動けそうな感触があった。ただし、仕上げには慎重さを求められたよ。後肢が開いた独特のフォームなんだ。緩い馬場では大きなフットワークが空回り。トモの甘さが目立ち、ハミに頼って前のめりになってしまう。激しい気性に配慮する必要があったし、かつては輸送も苦手だった」
 と、調教パートナーを務めた荻野仁調教助手(藤原英昭厩舎)は若駒時代を振り返る。
 8月に新潟で迎えたデビュー戦は2着だったものの、暮れの阪神(芝1800m)を一気に差し切る。福寿草特別は3着。降雪によって代替開催となった共同通信杯(12着)では、再度の東京入りで大幅に馬体が細化してしまった。阪神の芝1600m(2着)、京都新聞杯(3着)と勝ち切れなかったものの、以降もすべて3着以内に踏み止まっている。
 札幌の芝1800mで500万下を卒業。昇級3戦目となった春日特別に競り勝った矢先、腸炎を発症するアクシデントに見舞われる。それも無事に乗り越え、8か月ぶりとなった京都(芝1600m)、前走と、ノンストップで勝利を重ねている。好位から楽な手応えで抜け出し、逆瀬川Sを快勝した。
「能力の違いでオープン入り。依然として精神面にもろさを抱えていて、内臓も疲れやすく、間隔をたっぷり開けて使ってきたなかでも、骨格や筋肉がしっかりして、段階を踏んで調教を強化できていたからね。いい状態で送り出せれば、重賞でも通用すると信じていた」
 六甲S(5着)、都大路S(5着)、米子S(5着)と敗戦を重ねたとはいえ、安定した好スタイルを維持。そして、中京記念では念願がかなう。スタートで挟まれ、後方の位置取りとなったが、あせらずに脚を温存。ラスト33秒6の決め手が炸裂した。馬群を割って突き抜け、悠々とゴールに飛び込む。
「完成に時間がかかったぶん、うれしさは格別だったよ。鍛えるごとに体勢が起き、バランスの取れた走りに変化してきた。気持ちばかり先走っていた過去とは違い、流れに応じたレース運びを覚えつつあったしね」
 なかなか追い出しのタイミングが合わず、以降は12連敗を喫して地方に移籍した。ただし、大阪城S(3着)、京成杯AH(2着)、マイラーズC(4着)などでも存在感を示したガリバルディ(馬名はイタリア統一に貢献した軍事家より)。敏腕ステーブルの英知に後押しされ、一気に進攻した姿が忘れられない。
 


第64回中京記念(GⅢ)
1着ガリバルディ  牡5 55 福永祐一 藤原英昭
2着ピークトラム  牡5 56 小牧太  橋口慎介
3着ケントオー   牡4 56 和田竜二 西橋豊治

 単勝  1,170円
 枠連  1,780円
 馬連  5,110円
 馬単 11,700円

3連複  14,750円
3連単  87,790円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP