平日コンテンツ

『苦難を経て備わった勝利への「超感覚」』


【2006年 京都記念】

 ディープインパクトが席巻したジェネレーションにあって、名脇役として愛されたシックスセンス。稀代のスーパーホースと同様、サンデーサイレンスを父に持つ実力派だった。母デインスカヤ(その父デインヒル)はフランスで3勝をマーク。G2・アスタルテ賞に優勝した名牝である。同馬の半弟にデルフォイ(京都新聞杯2着)ら。ミネルヴ賞、ロワイヨモン賞に勝ったシルヴァースカヤ(セヴィル、シルバーステートの母)が叔母にあたる豪華なファミリーだ。社台サラブレッドクラブにて総額6000万円で募集された。
 ノーザンファーム空港で順調にペースアップされ、2歳6月に函館競馬場に入厩。7月の新馬(芝1800m)に初登場すると、スタートでよれながらも豪快に追い込み、クビ差の2着に惜敗する。2戦目の同条件は余力たっぷりに抜け出し、順当に初勝利を収めた。
 だが、その後の11戦、勝利の女神は微笑まない。それでも、デイリー杯2歳S(8着)はスタート後に挟まれる不利があっての結果。これ以外はすべて4着以内に食い込んでいる。京成杯を2着してクラシックへの切符を手にし、皐月賞でもディープインパクトの2着に健闘した。ダービーは3着、菊花賞も4着。どんな舞台でも確実に末脚を繰り出し、「史上最強の1勝馬」と呼ばれるようになった。
 3歳の暮れには国際G1・香港ヴァーズに挑戦。ウィジャボードの2着して飛躍を予感させた。京都記念に臨むと、未勝利勝ちしたレース以来、久々となる1番人気(単勝1・8倍)に推された。4歳となって馬体に厚みを増し、堂々の主役にふさわしい雰囲気が備わっていた。
 道中は馬群で末脚を温存。前が壁になって勝負どころでも動けなかったが、直線で大外に持ち出すと持ち前の闘争心に火が点く。サクラセンチュリーとの熾烈な追い比べとなるなか、ぐいっと首を伸ばしたところがゴール。ハナ差の辛勝とはいえ、繰り出した上り(3ハロン35秒3)は、メンバー中で最速であり、視覚的にも数字上も、強い勝ち方といえた。
 ディープインパクトの主戦であり、初めてライバルの手綱を取った武豊騎手も、こう乗り味を絶賛した。
「やっぱり走る馬だよ。前半でちょっと行きたがり、勝負どころではノメるシーンがあったし、本来はもっと切れたはず。良くなる余地もたっぷり残されている」
 同レースをステップに再び香港に渡り、G1(クイーンエリザベス2世C)を狙うプランだった。ところが、右前脚に浅屈腱炎を発症していた。偉大なライバルに先駆け、スタリオン入りすることとなった。
 錚々たる父の後継が居並ぶため、なかなか繁殖に恵まれなかったシックスセンス。アイルランドに渡って種付けを継続したが、2010年のシーズンを前に事故で骨折する不運に見舞われ、この世を去ってしまった。まだ8歳の若さだった。
 京都記念がやってくるたび、あの勇姿が蘇ってくる。懸命な競走生活が凝縮された一戦。無念のリタイアと引き替えに、勝利への「超感覚」をつかんだ瞬間だった。
 


第99回 京都記念GⅡ
1着シックスセンス   牡4 56 武 豊  長浜博之
2着サクラセンチュリー 牡6 58 佐藤哲三 佐々木晶三
3着マーブルチーフ   牡6 57 熊沢重文 田所清広

 単勝  180円
 枠連  510円
 馬連  510円
 馬単  710円

3連複  2,250円
3連単  6,370円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP