平日コンテンツ

『一気に花めく母譲りの生彩』


【2015年 東京新聞杯】

 トモに緩さを抱え、栗東への入厩は3歳3月と遅れたものの、阪神(芝1800m)で迎えた初戦を余裕の手応えで突き抜けたヴァンセンヌ。いきなりディープインパクト産駒らしい瞬発力を見せ付けた。
 ヴァンセンヌとは、花の展示会で知られるパリ郊外の森名。母は高松宮杯(当時)、スプリンターズSを制し、最優秀短距離馬に輝いたフラワーパーク(その父ニホンピロウイナー)である。終了寸前の未勝利戦を勝ち上がった後、頂点まで駆け上がった晩生のスプリンター。同馬も想像以上の奥深さを秘めていた。
 京都新聞杯は12着に敗退したうえ、右前の球節に軽い剥離骨折が認められ、7か月の休養へ。出遅れが響き、鳳来寺山特別こそ12着に終わったが、翌年2月に京都の芝1800mを鮮やかに差し切る。しかし、さらに2戦を消化したところ、右前屈腱に炎症を発症。1年7か月もレースから遠ざかった。
 5歳秋に迎えた復帰緒戦(阪神の芝1800m)はクビ差の2着。ここから一気に素質が開花する。小峰城特別を順当に勝利したのを皮切りに、エクセレントJT、元町Sと3連勝でオープンまで登り詰めた。
 勢いに乗り、東京新聞杯に駒を進める。スタートで外へよれてしまい、気合いを付けたことで行きたがりながら、なんとか中団で我慢が利いた。直線は瞬時に先頭へ躍り出て、後続の追撃をクビ差だけ凌ぎ切る。粗削りなぶんも、さらに夢がふくらむパフォーマンスだった。
「前走も辛勝だったけど、他馬にこすられてビュンと行きながら押し切り、これは底知れないと思わせた。スタートから流れに乗れず、折り合いに苦労したが、前に馬を置いて4コーナーまで脚をためられたからね。直線でスペースが開き、抜け出すのが早すぎたのに、よく踏ん張った。いまだ伸び盛りだし、この先が楽しみだよ」
 と、福永祐一騎手は声を弾ませた。
 メンバー中で最速の上がり(3ハロン32秒7)をマークしながら、京王杯SCはアタマ差の2着。安田記念もラスト33秒7の豪脚を爆発させ、勝ったモーリスをクビ差まで追い詰めた。
 ただし、全力を尽くした反動なのか、毎日王冠(9着)、天皇賞・秋(18着)と精彩を欠いた。マイルCS(14着)がラストラン。屈腱炎の再発が認められ、引退が決まった。
 レックススタッドで種牡馬入り。人気は上々である。豊かな才能を受け継いだ初産駒は、いよいよ今夏にデビュー。ぜひ父の名を高めてほしい。
 


第65回 東京新聞杯GⅢ
1着ヴァンセンヌ 牡6 56 福永祐一 松永幹夫
2着アルフレード 牡6 56 柴山雄一 手塚貴久
3着フルーキー  牡5 56 岩田康誠 角居勝彦

 単勝   600円
 枠連  1,550円
 馬連 14,690円
 馬単 21,360円

3連複  19,820円
3連単  155,940円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP