平日コンテンツ

有馬記念 ダービー・菊花賞の負けを活かした池添騎手


平成最後となる有馬記念が先週、中山競馬場で行われました。

優勝はブラストワンピース
これまでに敗れたのは2戦のみ、その2戦もダービー5着・菊花賞4着と好走し、3歳馬にして夏のG3新潟記念を制した能力馬です。

今回の勝因はポジションを自ら取りに行ったことでしょう。
鞍上の池添騎手は、ブラストワンピースが4枠8番の真ん中あたりの枠に入ったことにより、もしもレースでじっと動かずにいたら包まれてしまうと考え、スタートから馬を出して(前へと促して)いき5~6番手の外めの位置につけました。

530キロ超の大型馬でもあり、せかせか動かすようなことはせず、リズム良く追走させられるあの位置は勝利の大きな要因を占めたと思います。

今年のダービーで福永騎手がした騎乗と似ていると感じました。
馬との折り合いやリズムを重視するのは当然ですが、そればかりを重視していると、自然と位置は後ろになります。それをダービー福永騎手や今回の池添騎手のようにスタートでまず馬を出して行ってから折り合いをつけるこの乗り方をすることにより、馬がかかってしまう不安は多少あるものの、ポジションは絶対に良くなります。雨が降って稍重になった馬場もブラストワンピースには幸運でした。良馬場であったら最後に差し切られていたかもしれません。ゴール前、2着馬の猛追をクビ差しのいで見事初G1制覇を果たしました。

池添騎手の騎乗は、2度の敗戦を糧に勝負に出たように見えました。この秋、秋華賞から続いた外国人騎手によるG1勝利をようやく止めたこと、最多となるグランプリ4勝目を挙げたこと。この騎手の大舞台での強さをあらためて感じました。


2着にレイデオロ
中団につけての追走でレース運びは文句なし、ルメール騎手は完璧といえる騎乗をしたと思いますが、最後は届かず2着に敗れました。

仕掛けどころから手応えが少々怪しくなっていたのは、おそらく馬場が緩んだためでしょう。当日がパンパンの良馬場であれば手応え良く勝ち馬についていけたはず。馬場のせいで離されてしまい、その分、直線で良い伸び脚を見せながらも追いつかなかったのだと思います。ただ本当に内容は良く、この馬の強さを知らしめたレースでした。


5着に敗れたキセキは前走ジャパンカップ2着のときと同様、川田騎手が逃げを意識していたようですが、オジュウチョウサンが最初に逃げる形になりキセキが先頭に立てたのは1週目の4コーナーから。そこまでに脚を使わされてしまった感があります。

稍重の馬場をふまえるとペースが少し速い気もしましたが、前走は逃げ粘ったのだからペースはそれほど関係ないかと。やはり足もとが緩んでいたことと秋の激走による見えない疲れなどが影響したのではないでしょうか。



Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP