平日コンテンツ

阪神JF これでますます注目が集まるグランアレグリア


阪神競馬場で2歳牝馬のG1レース・第70回阪神ジュベナイルフィリーズが行われました。

競馬ファンにお馴染みの名牝ウォッカやフサイチエアデールの仔らが出走してきたこのレース、中心は前走のファンタジーSを快勝したダノンファンタジー

スタートは五分に出たものの、ポジションは後方3番手に。
阪神1600mであの位置は少し後ろすぎる印象ながら、鞍上のC.デムーロ騎手はレース後に良いポジションがキープできたと語っていました。

ハイペースであれば正解であろう位置ではありますがレースの流れは前半の半マイルが47.0秒と決して速くはなく、それでもあの位置が良いと思ったのであれば、おそらく鞍上の感覚として、2歳牝馬のレースにしてはピッチが良くタフな流れに感じられたのでしょう。

4コーナー手前から仕掛けだし、ディープ産駒らしい鋭い末脚を使って叩き合いの末、半馬身差のゴール。見事G1レース制覇を果たしました。人気どおりというか実力どおりというか、能力の高さがそのまま走りにあらわれたレース内容だと思います。

このダノンファンタジーが唯一(新馬戦)敗れた相手というのが、今週の朝日杯FSに出走予定の2歳牝馬グランアレグリア。前走G3サウジアラビアロイヤルカップを牡馬相手に完勝し、牝馬が制したことの無い朝日杯でも注目の1頭となっています。さすがに手強い牡馬がメンバーに揃っているので勝てるかどうかはわかりませんが、ダノンファンタジーや他の牝馬たちと世代最強牝馬の座を競いあい、クラシックシーズンを盛り上げてほしいと思います。


2着に2番人気クロノジェネシス。惜しい2着となりました。
ゲートから出るときに安目を売って他馬から遅れたゆっくりとしたスタートになり、最後方からのレース。レース後に語っていたように、もともと前めの競馬をすることは考えていなかったのでしょうが、やはり後方待機の作戦を取るにもスタートは五分の方が良いに決まっています。

スムーズに出たあとに徐々に下げるのと、出遅れてから差を詰めていくのでは、体力の温存という点で明らかに差が出ます。半馬身差届かなかったのは、ここが1つの要因だと思います。

あの流れで勝つチャンスがあるとしたら、仕掛けどころでしょうか。
クロノジェネシス鞍上の北村友騎手は、前にライバル=ダノンファンタジーがいるのはわかっていて、それを目標に騎乗していたはず。4コーナーでC.デムーロ騎手が動き出す前に、自ら動いて外側から蓋をする形で相手を抑え込んでしまえば、直線で馬体を合わすこともなく相手馬は追い出すタイミングが遅れていたでしょう。ただ乗っている騎手にとって早めの仕掛けというのは大変度胸が要るものだし、抜け出したのはいいがゴール寸前に差し返されてしまったら、それこそ甘いと非難されるので判断の難しいところです。

メンバー最速の上がりで2着まで追い込んできたように、馬の能力はかなり高そうです。
まだ競馬の経験が少ない2歳なのでこれからの成長次第なのですが、この馬なら来年もトライアル戦~クラシックシーズンで人気の1頭として注目を集め、またその期待に応えてくれそうです。


3着はビーチサンバ。フサイチエアデールの仔ですね。
中団で折り合って、人気馬の中では最も前の位置につけてのレース運び。流れがこの馬向きだったので道中は勝てそうだと思いましたが、直線での脚が、1・2着馬との脚いろの違いなのかジリジリとしか伸びていかないように見えて、切れ味の点で少々物足りなさを感じました。

とはいえコースや馬場状態、ペースなど1つの要素でレース内容はガラッと変わります。自分に合った舞台で、この馬が資質を開花させるときが楽しみです。



Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP