平日コンテンツ

『日本競馬を牽引する驚異の成長力』


【2005年 有馬記念】

種牡馬入りしてからも華々しい成果を上げているハーツクライ。その母アイリッシュダンス(その父トニービン)は6歳で新潟記念に勝った晩成タイプだけに、サンデーサイレンスの後継のなかでも奥が深く、大舞台向きの底力に富む。ジャスタウェイ(天皇賞・秋、ドバイデューティーフリー、安田記念)、ワンアンドオンリー(ダービー)、ヌーヴォレコルト(オークス)、シュヴァルグラン(ジャパンC)、スワーヴリチャード(大阪杯)、リスグラシュー(エリザベス女王杯)、ヨシダ(ターフクラシックS、ウッドワードS)などが数々のビックタイトルを勝ち取ってきた。
 ワンアンドオンリーで究極の目標を手にした橋口弘次郎調教師は、こう感慨深げに話す。
「ハーツクライで果たせなかった父子2代に渡る夢があったからこそ、オーナーが託してくれた一頭。ぱっちりした瞳や流星など、顔つきがよく似ていてね。ハーツも内弁慶なところがあって、普段は激しさを見せたが、鞍を着けたら堂々としたもの。根性が据わっていたよ。だんだん環境の変化に動じなくなり、父みたいになってきた。奥深い血との巡り会いに感謝するしかない」
 3歳1月の京都(芝2000m)でデビューすると、あっさり好位から抜け出したハーツクライ。前半でスピードに乗らず、手前の替え方にもぎこなさが残るなか、きさらぎ賞(3着)を経て、若葉Sでオープン勝ちを果たす。皐月賞は14着に敗退したものの、京都新聞杯では大外一気が決まり、ダービーへと駒を進めた。ここでも抜群の末脚を爆発させ、キングカメハメハの2着に食い込む。
 神戸新聞杯(3着)、菊花賞(7着)、ジャパンC(10着)、有馬記念(9着)と、秋シーズンは王道路線を歩む。この経験が以降につながり、持ち前の決め手に強靭さを増していった。大阪杯(2着)、天皇賞・春(5着)、宝塚記念(2着)とも見せ場はたっぷりあった。
「夏場の放牧をきっかけに、別馬のようにたくましくなった。想像以上の成長力に驚かされたね」(橋口調教師)
 天皇賞・秋はスローペースに泣き、6着に終わったが、ジャパンCではアルカセットとレコードタイムを更新する激闘を繰り広げ、ハナ差の2着まで追い詰めた。
 完全に本格化したとはいっても、有馬記念で待ち構えていたのは圧倒的な強さで3冠を制したディープインパクト。同馬のラストで追い込むレーススタイルも中山向きではないと思われ、単勝17・1倍の4番人気に甘んじる。ところが、大方の予想に反し、馬任せでも4番手をキープ。完璧に折り合い、手応え十分に直線へと向く。ディープインパクトも懸命に迫ってきたが、ラストでぐいと引き離し、悠然とゴールに飛び込んだ。
 フルに能力を発揮させたクリストフ・ルメール騎手は、こう胸を張った。
「スタートが良かったし、無理に抑えるつもりもなかった。いいリズムで運べたよ。道中は相手のことなど意識していなかったけど、さすがスーパーホース。背後にぐんぐん迫ってくる気配があった。でも、こちらにも余力があり、しっかりとゴールまで我慢。多くのファンが注目する偉大な一戦で最高の結果を出せ、うれしくて仕方がない」
 5歳シーズンは海外へ飛び立ち、ドバイシーマクラシックを制覇。有馬記念と同様にスムーズに先行し、後続に4馬身の差を付けた。キングジョージ6世&クイーンエリザベスDSでもいったん先頭のシーンがあり、惜しい3着だった。
「ドバイではユートピア(ゴドルフィンマイルに優勝)が一緒だったが、慣れないイギリスで1頭になり、淋しがっていたのが敗因。帯同馬の重要性を学んだなぁ」(橋口調教師)
 さらなる前進が期待されたが、ジャパンC(10着)を目前にしてノド鳴りが悪化してしまい、早すぎる引退が決まった。
 それでも、ハーツクライの名声はますます高まる一方である。昨シーズンまで5年連続してサイアーリーディングの5位以内を堅持。ライバルのディープインパクトとともに、日本競馬の新時代を切り拓いていく。  


第50回 有馬記念(GI)
1着ハーツクライ    牡4 57 Cルメール 橋口弘次郎
2着ディープインパクト 牡3 55 武 豊   池江泰郎
3着リンカーン     牡5 57 横山典弘  音無秀孝

 単勝 1,710円
 枠連  520円
 馬連  750円
 馬単 3,320円

3連複   2,970円
3連単   30,500円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP