平日コンテンツ

『輝かしい前途を祝す最初の乾杯』


【2006年阪神ジュベナイルフィリーズ】

 タニノムーティエ、タニノチカラ、タニノハローモアらを輩出した名門のカントリー牧場で生まれ育ったウオッカ。父はブライアンズタイムの代表的な後継であり、ダービーを制したタニノギムレット。ファーストクロップから一時代を築いた最強の女王が誕生した。
 母タニノシスター(その父ルション)は短距離戦で5勝をマーク。カクテルのギムレットより〝強く〟なってほしいとの希望を託され、アルコール度数が高いことで知られるスピリッツを馬名にした。あえて冠名はなし。ストレートに強烈な味わいが表現されている。
 2歳6月、栗東に入厩した当時より、血統のイメージに反した伸びやかなストライドが目を引いた。いったん函館へ移動したものの、熱発したため、放牧を挟んで態勢を整え直す。
 10月の京都、芝1600mでデヒュー。楽々と逃げ切りを決めた。続く黄菊賞は出遅れが響き、2着に終わったが、阪神ジュベナイルフィリーズに駒を進めると、スムーズに好位を追走。外回りの長い直線を生かし、きっちりと差し切る。タイムは2歳レコード。3戦目にして世代のトップに君臨した。
「自分がうまく導けなかったから、前走は負けてしまったが、柔軟なうえに力強く、ちょっと味わえない乗り心地。新設されたばかりのコースとなり、馬も若くてナーバスなところがあるので、手探りな部分は多かったけど、人気(単勝11・1倍)以上に自信はあった。内枠を引き、できれば行きたいと思っていたなかで絶好のスタート。断然人気(単勝1・6倍)に推されていたアストンマーチャンを目標にして、しっかり脚をためられたよ。なんとか交わしてくれと願って懸命に追ったが、やはり能力が違った」
 と、四位洋文騎手も満面の笑みで健闘を称えた。
 翌春の1冠目を手中にしたらダービーへ挑戦させようと、陣営の意志は固まっていた。
エルフィンS、チューリップ賞と順当に勝利を重ね、桜花賞も1・4倍の圧倒的な支持。しかし、ここでは先に抜け出したダイワスカーレットを捕らえ切れず、1馬身半差の2着に終わる。オークスへの路線変更が濃厚と見られたが、オーナーから判断を委ねられた角居勝彦調教師は、大胆に初心貫徹を進言した。そして、常識では通用しない壁に挑み、みごとに打ち破ってしまう。
 宝塚記念は折り合えずに8着。凱旋門賞に出走する計画も、右トモの蹄球炎に配慮して断念された。秋華賞を3着。エリザベス女王杯は後肢の送りに違和感があったために出走取り消しと、苦難の時期を過ごす。ジャパンC(4着)、有馬記念(11着)、京都記念(6着)と、不完全燃焼が続いた。
 ドバイデューティーフリー(4着)で海外に初挑戦する。得意の東京に照準を定め、ヴィクトリアマイルを2着した後、安田記念に優勝。完全復調を印象付ける3馬身半差の圧勝だった。
 4歳秋は毎日王冠(2着)から始動。天皇賞・秋で中距離でも古馬チャンピオンの座に立つ。ダイワスカーレットも驚異の粘り腰を発揮したが、長い写真判定の結果、2センチ差だけ先着していた。勝ちタイムは従来のレコードをコンマ8秒も更新。強力なライバルがいたからこそ、同馬の能力もフルに引き出された。
 ジャパンCでも3着に健闘すると、再びドバイへ。ジェベルハッタ(5着)、ドバイデューティフリー(7着)と結果は残せなかったが、ヴィクトリアマイルを7馬身差のワンサイド勝ち。安田記念も連覇する。毎日王冠(2着)や天皇賞・秋(2着)は期待を裏切ったとはいえ、ジャパンCで鮮やかに復活を遂げた。これが7つ目となるG1の勲章。東京で行われる古馬の頂上決戦をすべて手中に収めたことになる。
 記録にも記憶にも残る名牝であり、目的を果たすたびにより高いハードルを越えようと勇敢に戦ったウオッカ。6歳時は3度目となるドバイ遠征を行ったが、マクトゥームチャレンジラウンド3(8着)で鼻出血を発症してしまい、そのままアイルランドへ渡って繁殖入りした。
 タニノアーバンシー(現4勝)や、タニノフランケル(現4勝)も卓越したポテンシャルを示しているが、5番仔にあたるタニノミッションが放ったインパクトは鮮烈だった。抜群の決め手を駆使し、母が愛した東京(芝1600m)で新馬勝ち。来春のクラシック戦線でも見逃せない逸材である。伝説の第二章は、ますます豪華に展開していく。
 


第58回 阪神ジュベナイルフィリーズGⅠ
1着ウオッカ      牝2 54 四位洋文 角居勝彦
2着アストンマーチャン 牝2 54 武 豊  石坂正
3着ルミナスハーバー  牝2 54 小牧太  橋口弘次郎

 単勝 1,110円
 枠連  850円
 馬連  900円
 馬単 2,860円

3連複  1,780円
3連単  14,240円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP