平日コンテンツ

『大舞台で覚醒した遅咲きのヒーロー』


【2008年 ジャパンカップ】

実力派の地位をすっかり固めている鹿戸雄一厩舎にあって、礎となった名優がスクリーンヒーロー。開業初年度にいきなりジャパンカップの栄光を勝ち取った。
「スクリーンヒーローと巡り会えて、たくさんのことを学びましたよ。それをこの先にも生かしていかないと。今度は人気を背負う立場でも、あれ以来、遠ざかっているG1のタイトルを狙える態勢を固めていきたいですね」
 と、鹿戸トレーナーは感慨深げに話す。
 有馬記念(2回)や宝塚記念などG1を4勝したグラスワンダーが父。種牡馬としても、他にアーネストリー(宝塚記念など重賞を5勝)、セイウンワンダー(朝日杯FS)ら、大物を送り出している。
 母ランニングヒロイン(その父サンデーサイレンス)は2戦して未勝利に終わったが、その兄姉にステージチャンプ(日経賞、ステイヤーズS、菊花賞2着、天皇賞・春2着)、プライムステージ(札幌3歳S、フェアリーS、桜花賞3着)らがいる。祖母は名牝のダイナアクトレス(毎日王冠、スプリンターズSなど重賞4勝、安田記念2着、オークス3着、ジャパンC3着)だ。
 2歳11月、ファミリーゆかりの矢野進厩舎よりデビュー。東京のダート1600mを4着した。続く中山(ダート1800m)を2着し、3戦目の同条件を順当に勝ち上がる。昇級の壁はなく、カトレア賞を3着した後、500万下を逃げ切った。
 初芝となったスプリングSは5着。伏流Sも2着し、当時はダートで先行力を生かすのがベターと思われたが、ダービーを目指してプリンシパルSへと駒を進めた。7着だったとはいえ、スムーズに追走でき、ここでも十分に適性を示す。
 以降は一貫してターフ路線へ。エーデルワイス賞を僅差の4着したうえ、ラジオNIKKEI賞で2着に前進。新潟記念こそ16着に敗れたものの、セントライト記念は3着に巻き返す。
 ところが、左ヒザの剥離骨折が判明。11か月間もレースから遠ざかることとなった。この間に矢野師が定年を迎え、鹿戸ステーブルに移籍する。休養中の成長は大きかった。
「4歳夏の1000万下(転厩緒戦の支笏湖特別を優勝)から、重賞ウイナーになるまでがあっという間。札幌日経オープン(2着)に続き、オクトーバーS(2着)でもハナ差の接戦を演じられ、能力に自信を深めましたよ。それにしても、こんなにうまくいっていいのかって、信じられない気分でした。厩舎をスタートさせた直後にも、エフティマイア(桜花賞2着、オークス2着)がもたらしてくれた貴重な経験があり、あの勝利につながったように思います」
 53キロのハンデに恵まれたとはいえ、アルゼンチン共和国杯は1馬身半差の完勝。5番手をリズム良く追走し、息の長い末脚を繰り出した。
 プリンシパルS以来の騎乗となった蛯名正義騎手も、驚きの表情を浮かべた。
「以前は芝での瞬発力が足りないと感じていたのに、別馬のように力を付けている。ずいぶん真面目になり、レースが上手だよ。東京の長い直線もぴったり」
 ますます勢いに乗り、ジャパンCを制覇。スローペースを完璧に折り合い、追い出しを待つ余裕があった。ラストの伸びも目を見張るもの。単勝41・0倍の低評価に甘んじてはいたが、堂々と押し切る強い内容だった。
 初めてコンビを組んだミルコ・デムーロ騎手は、こう喜びを爆発させた。
「最高の気分。日本ダービーを勝った時とは違ったうれしさがある。ずっとジャパンCの制覇を夢みていたからね。レース前の打ち合わせでも、蛯名さんの馬(マツリダゴッホ)がいい状態みたいだし、ポジション取りもうまいから、マークして進めようと。外枠からのスタートを懸念していたけど、スローペースだったから狙った位置を取ることができたよ。調教でも他馬と併せるとファイトを燃やす馬。フィニッシュまでしっかり伸びてくれた。ダービー馬3頭(ディープスカイ、ウオッカ、メイショウサムソン)が相手でも、能力を信頼していたんだ」
 有馬記念(5着)、阪神大賞典(4着)と善戦したが、天皇賞・春は14着に大敗。それでも、宝塚記念で5着に浮上し、底力をアピールした。得意の東京に戻り、天皇賞・秋は2着に健闘。ただし、ジャパンC(13着)を走り終え、左前脚に屈腱炎を発症してしまう。惜しまれつつターを去った。
 決して良血の繁殖に恵まれなかったなか、ファーストクロップよりモーリス(安田記念、マイルCS、香港マイル、チャンピオンズマイル、天皇賞・秋、香港C)、ゴールドアクター(有馬記念)が登場。種牡馬としても、目覚ましい成果を収めている。今後も続々と新たなヒーローを送り出すに違いない。
 


第28回 ジャパンカップGⅠ
1着スクリーンヒーロー 牡4 57 Mデムーロ 鹿戸雄一
2着ディープスカイ   牡3 55 四位洋文  昆 貢
3着ウオッカ      牝4 55 岩田康誠  角居勝彦

 単勝  4,100円
 枠連  4,180円
 馬連  7,620円
 馬単 25,160円

3連複  6,410円
3連単  68,950円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP