平日コンテンツ

『丁寧に磨き上げた天性の破壊力』


【2015年 京阪杯】

2歳11月の京都でデビューすると、3着、2着と着順を上げたサトノルパン。阪神の芝1600mではレースの上りを1秒2も上回る末脚(3ハロン34秒3)が炸裂し、3馬身半も突き抜けた。
 父はリーディングを独走するディープインパクト。母エリモピクシー(その父ダンシングブレーヴ)は7勝を挙げ、重賞での3着が3回もある。その全姉にはエリザベス女王杯を制したエリモシックもいて、底力に富む一族。同馬の半兄にリディル(デイリー杯2歳S、スワンS)、クラレント(デイリー杯2歳Sなど重賞を6勝)、レッドアリオン(マイラーズC、関屋記念)がいる。妹弟にあたるレッドアヴァンセ(ヴィクトリアマイル3着)、レッドヴェイロン(NHKマイルC)らも、あと一歩で重賞制覇がかなう逸材だ。
「魅力的な血統に違わぬ垢抜けたバランス。ディープらしさが前面に出ていて、エクセルマネジメントでの育成中にひと目見た瞬間から、軽さや切れ味が伝わってきましたね。ただ、入厩した当時も、トモが高く、き甲も抜けず、幼い雰囲気。普段は大人しく、走るとなれば前向きだけに、仕上げに苦労はなかったのですが、先々を考え、大切に態勢を整えました。本格化は先と見ていましたよ」
 出遅れを繰り返しながらも、きさらぎ賞(6着)を経て、東京の芝1400mで2勝目。33秒0の決め手を爆発させ、直線一気を決めた。ファルコンSもわずかクビ差の2着。NHKマイルC(9着)は、道中で折り合いを欠いたのがすべてである。ダービー(14着)へも駒を進めた。
 ポートアイランドS(4着)、オーロC(3着)と、秋シーズンも着実に前進。タンザナイトSでは大外を鮮やかに突き抜け、非凡な瞬発力をアピールしている。
「軽めのキャンターではまったく問題ないのですが、速いところではムキになりがちです。ぴりぴりさせないように注意し、この馬ならではの長所を伸ばすべく、ソフトな攻めに終始。課題のゲートに関しても、無理に矯正せず、気持ちを傷付けない程度に練習し、いいほうへ向っていましたしね。六甲S(2着)は直線で不利を受け、京王杯SC(6着)や米子S(8着)も不向きな展開に泣いたとはいえ、だいぶ折り合いの難しさが改善されつつありました」
 夏場のリフレッシュを経て、道頓堀Sより再スタート。初となる1200mだったが、高い適性を示す。レースの選択肢を広げられ、その後につながる一戦となった。スワンS(8着)は不完全燃焼だったが、京阪杯ではイメージ通りに好位で脚をためられた。断然人気に推されたビッグアーサーの猛追をアタマ差で退け、栄光のゴールに飛び込む。
「スプリントへの参戦は以前から構想にあったのですが、もうしばらくは条件を替えずにレースを覚えさせたかったんです。いずれ積み重ねが生きてくると信じていました。ずいぶん歯がゆい思いをしたとはいえ、秘めたポテンシャルは超一流。それを証明でき、ほっとしましたよ」
 さらなる高みを目指したサトノルパンだったが、結局、これが最後の勝利。シルクロードS(6着)、高松宮記念(18着)、キーンランドC(8着)、スプリンターズS(7着)、スワンS(2着)、マイルCS(18着)と、成績は激しく上下動した。それでも、苦節の末に放った京阪杯での輝きは、トレーナーの目にくっきりと焼き付いたままである。
 


第60回 京阪杯GⅢ
1着サトノルパン  牡4 56 和田竜二  村山明
2着ビッグアーサー 牡4 56 藤岡康太  藤岡健一
3着アースソニック 牡6 56 Aアッゼニ 中竹和也

 単勝 1,560円
 枠連  970円
 馬連  990円
 馬単 3,860円

3連複  3,710円
3連単  33,650円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP