平日コンテンツ

『天才少年が放ったミラクルシュート』


【2012年 東京スポーツ杯2歳ステークス】

 ノーザンファーム早来での育成当時から、クラシック候補と見込まれていたコディーノ。2歳7月、札幌競馬場へ移動し、芝1800mに初登場すると、楽々と新馬勝ちを飾った。出遅れたうえ、スローなペースで流れたなか、あっという間に2馬身半の差を広げる。ステッキを入れなくても、その末脚は圧倒的だった。
 父キングカメハメハ。母父がサンデーサイレンスというトップサイアー同士の組み合わせ。母ハッピーパスは、京都牝馬Sなど5勝した名牝である。祖母ハッピートレイルズの産駒にはシンコウラブリイ(マイルCSなど重賞6勝)、タイキマーシャル(エプソムC)、サンタフェトレイル(キングストレイルの母)らがいて、繁栄している一族。同馬の全妹にあたるチェッキーノも、フローラSを制することとなる。サンデーサラブレッドクラブにて総額6000万円で募集。華麗なシュートを夢みて、イタリア代表のサッカー選手・ロベルト・バッジョの愛称(ヘアスタイルからの連想、イタリア語で弁髪との意味)と名付けられた。
 2戦目にして札幌2歳Sに優勝。スタートが決まり、好位を追走できただけでなく、追ってからの瞬発力も上々だった。2着とはコンマ3秒差。危なげない内容である。
 東京スポーツ杯2歳Sでも、堂々の1番人気(単勝1・9倍)にふさわしいパフォーマンスを披露する。二の脚で4番手に付け、道中は引っ張り切りの手応え。狭いインをこじ開け、余力たっぷりに突き抜ける。タイムは1分46秒0のレコードだった。
「直線に向き、進路を探すのがたいへんだったけど、少しのスペースがあれば、入っていけると思っていた。むしろ、初めての競馬場だったから、早く先頭に立ちたくはなかったんだ。早めに輸送して、けさも朝乗りした甲斐があったね。札幌2歳Sの後も、調教ではずっと脚をため、追い出していなかったが、見せムチだけで、すっと反応。どれだけ伸びるのか、楽しみにしていたよ。まだ若い馬なのに、この切れ味は絶品といえる」
 と、騎乗した横山典弘騎手も最大限の賛辞を贈った。
 しかし、朝日杯FSは2着に惜敗。弥生賞、皐月賞とも3着止まり。テンションを上げないよう、東京競馬場に滞在して最終仕上げを施したダービーも、不完全燃焼の9着に終わる。
 毎日王冠(7着)、天皇賞・秋(5着)、東京新聞杯(4着)、ダービー卿CT(5着)と、秋シーズン以降も崩れずに健闘したが、ここで疝痛を発症。開腹手術を受けたものの、長期の入院生活で体力を消耗してしまう。結局、安楽死の処置が取られた。
 青春期の輝きに反し、あまりに悲しい結末だった。それでも、天才少年が放ったミラクルシュートの衝撃は、大くのファンの胸に生き生きと残ったままである。
 


第17回 東京スポーツ杯2歳ステークスGⅢ
1着コディーノ    牡2 55 横山典弘 藤沢和雄
2着レッドレイヴン  牡2 55 内田博幸 藤沢和雄
3着インプロヴァイズ 牡2 55 Rムーア 堀宣行

 単勝 180円
 枠連 440円
 馬連 470円
 馬単 660円

3連複  2,690円
3連単  6,330円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP