平日コンテンツ

『丹念に磨き上げられた怪物レベルの資質』


【2012年 セントライト記念】

 美浦を代表する実力派の地位をしっかり確立している戸田博文厩舎。桜花賞でクラシックの栄冠を勝ち取ったうえ、引退レースの中山牝馬Sを勝利で締めくくったキストゥヘヴン、度重なる骨折を乗り越えて3つのタイトルを奪取したシンゲンなど、プロらしい仕事をこつこつとこなしてきた。
 そんななか、怪物(ポルトガル語でフェノーメノ)クラスのポテンシャルを見込む逸材との出会いがあった。
「愛称は〝マメ〟。1歳時は体付きがマメタンクみたいでした。真っ黒な色艶から黒豆を連想しましたしね。能力的な期待というより、なんともかわいい容姿に愛着を覚えたんです。それが、育成過程で伸びやかさも出て、どんどん垢抜けた雰囲気になっていく。成長力に驚かされました」
 と、戸田調教師はフェノーメノの若駒当時を振り返る。
 父はステイゴールド。ドリームジャーニー(有馬記念、宝塚記念、朝日杯FS)、ナカヤマフェスタ(宝塚記念)、オルフェーヴル(皐月賞、ダービー、菊花賞、有馬記念2回、宝塚記念)と、次々にチャンピオンホースを輩出していた。49頭しか誕生しなかった同期生にはゴールドシップ(皐月賞、菊花賞、有馬記念、宝塚記念2回、天皇賞・春)もいるのだから、恐るべき遺伝子といえる。母ディラローシェ(その父デインヒル)は愛米で2勝。その半兄にインディジェナス(香港年度代表馬、ジャパンC2着)がいる。サンデーサラブレッドクラブに総額2000万円でラインナップされた。
 2歳8月の入厩以降も、着実に進歩。10月の東京、芝2000mでデビュー勝ちを収めた。ホープフルS(7着)、東京の500万下(芝2000mを1着)、弥生賞(6着)と、間隔を開けて大切に使われ、青葉賞では2馬身半差の快勝。晴れて重賞ウイナーの仲間入りを果たす。そして、ダービーをハナ差の2着。世代でも屈指の実力を示した。
 ひと夏を越え、一段とたくましさを増し、セントライト記念に快勝。過去2走で流れに乗れなかった中山コースをあっさり克服する。
「うちは速い調教で急激に攻めず、じんわり筋力や心肺機能を高めていくやり方を採っています。この馬も余裕残しでデビューさせましたし、その都度、先を見据えた8、9割りの仕上げで臨んできましたよ。これまでステイゴールド産駒とは縁がなかったのですが、父らしくない性格なのかもしれませんね。教えたことを素直に吸収してくれるのがすばらしい点。ちょっとしたことで歯車が狂いがちなのが馬なのに、きっちり要求に応えてくれる。一戦ごとにレースが上手になりましたよ」
 天皇賞・秋は半馬身差の2着に涙を飲んだものの、初めてとなる古馬相手に正攻法で勝ちに出た結果である。スタートで躓いて流れに乗れず、ジャパンCを5着。それでも、トレーナーの脳裏にはさらなる飛躍がイメージされていた。
「3歳時はまだやんちゃな仕草が目立っていた。肉体面の上積みも大いに見込める状況だったんです。過剰な消耗を避け、十分なリフレッシュ期間を挟んだことで、完全にひと皮向けました」
 日経賞を危なげなく突破してリズムに乗る。天皇賞・春のパフォーマンスは圧巻だった。ハイペースを自ら動き、力でねじ伏せてしまった。スタートで躓きかけて後手を踏み、宝塚記念は4着に終わったが、荒れた馬場が響いたもの。だが、シーズン後半の大レースを目前にして左前脚に軽度の繋靭帯炎を発症してしまい、結局、9か月間も沈黙を守ることとなった。
 じっくり時間をかけて立て直され、日経賞(5着)で復帰する。久々のレースに折り合いを欠いたのが敗因だった。再び天皇賞・春へ。中団のインで脚をため、3コーナーすぎから外へ出してポジションを上げていく。直線も脚色は衰えず、後続の強襲を粘り強く凌ぎ切った。クビ差の接戦ではあったが、堂々たる復活劇だった。
 以降は調教で動けても、実戦で本来の闘志を取り戻せない状況が続き、天皇賞・秋(14着)、ジャパンC(8着)、有馬記念(10着)と不本意な走りを繰り返した。日経賞(8着)をステップに、得意の淀を目指す予定だったが、両前に炎症が見られ、現役を退くこととなった。
 社台スタリオンステーションで種牡馬入り。伝統の長距離を2度も制した底力は魅力である。初年度産駒は現1歳。大物の出現が待ち遠しい。
 


第66回 セントライト記念GⅡ
1着フェノーメノ    牡3 56 蛯名正義 戸田博文
2着スカイディグニティ 牡3 56 四位洋文 友道康夫
3着ダノンジェラート  牡3 56 三浦皇成 萩原清

 単勝   200円
 枠連   880円
 馬連  9,100円
 馬単 11,880円

3連複  26,910円
3連単  137,500円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP