平日コンテンツ

『ラストの勝負に輝く深遠な才能』


【2016年 クイーンステークス】

3歳3月になって、ようやくデビューを迎えたマコトブリジャール。実質2本の追い切りで臨んだ阪神の新馬(芝2000m)を逃げ切り勝ちした。鮫島一歩調教師は、こう若駒時代を振り返る。
「兄姉たちも何頭か手がけましたが、この仔は初めて見た1歳時からとても小さくて。体質も繊細でした。森本スティーブルでの後期育成はゆっくり進められましたし、3歳2月の入厩後も調整には慎重さが求められましたね。非力でしたから、坂路では動けない。ただ、外見以上の奥深さが伝わってきましたよ。もともとコースならいい動きをしました。フットワークが伸びやか。走っている姿を見れば、400キロ程度とは思えないんです」
 母マコトコーラン(その父ブライアンズタイム)はダート1200mで2勝をマークした。産駒はコンスタントに勝ち上がっていて、同馬の半兄にマコトエンペラー(2勝)、マコトヴォイジャー(2勝)、マコトローゼンボー(2勝)らがいる。配された父は英チャンピオンSの覇者であり、アメリカでもGⅠを2勝したストーミングホーム。同世代にティーハーフ(函館スプリントS)も送り出している。
 昇級後はもまれ弱さに泣かされ、成績は上下動を繰り返す。それでも、夏場に強い個性であり、マイペースに持ち込めた7月の中京、芝2000mで2勝目を挙げ、西部スポニチ賞も突破。秋華賞(9着)や愛知杯(8着)へも駒を進めた。
「すっと前へ行けるのは天性のセンス。少し時間はかかりましたが、ステージが上がるごとにレース慣れし、控えても集中力が続くようになりましたね。東京の初音S(8着)では大幅な体重減があったとはいえ、出張馬房で一頭だけになり、淋しがった影響。輸送が苦手なわけではありません。精神面のきつさも、いいほうへ向き始めました」
 巧みな立ち回りで難波Sを快勝。都大路Sは10着に終わったものの、強力な牡馬相手のレコード決着だった。3番手から早めに動き、垂水Sを堂々と押し切り、オープン入りを果たした。
「コンパクトなスタイルは変わりませんが、着実に力を付けてきました。しっかり食べてくれ、計画どおりに負荷をかけられる。DDSP(軟口蓋背方変位と呼ばれるノド鳴りの一種だが、喉頭片が麻痺する喘鳴症とは異なり、成長とともに自然治癒するケースがほとんど)の症状もすっかり解消しました。さらに上を目指せる手応えがありましたよ」
 5歳になり、京都牝馬S(4着)、福島テレビOP(3着)、カシオペアS(3着)などで見せ場をつくりながら、無念の12連敗を喫した。それでも、翌春の福島牝馬Sではブービーの低評価(単勝53・1倍)を覆す激走。2番手から抜け出し、後続を完封する。持ち前の先行力に渋太さが加わり、かつてのイメージを一新させるパフォーマンスだった。
「完璧に折り合い、スムーズに運べたのが勝因でしたが、文句なしの強さ。衰えるどころか、ますます充実してきましたね。捻挫するアクシデントがあり、じっくり態勢を立て直してクイーンSへ。うまく噛み合えば、きっとチャンスがあると信じていたんです。依頼した四位くん(洋文騎手)も、『札幌の洋芝は最適。ここはぜひ任せてほしい』って、自信ありげでした」
 ここでも9番人気(単勝20・2倍)に甘んじたが、前走で馬も自信をつけたのか、堂々たる立ち回り。好位のインを追走すると、巧みに馬群をさばき、栄光のゴールへと邁進した。小さな淑女はダイナミックに全身を躍動させ、きっちりと差し切りを決める。
 6歳にしてブリジャール(スペイン語で輝く)のタイミングが到来し、みごとに重賞連勝を飾ったが、結局、これがラストランとなった。エリザベス女王杯を目指す過程で右前に屈腱炎を発症。繁殖入りすることとなる。
 待望の初仔(父キズナ、牝)が誕生したばかり。G1制覇の夢は産駒に託される。深遠な才能を受け継いだスターの登場を心待ちにしている。
 


第64回 クイーンステークスGⅢ
1着マコトブリジャール 牝6 55 四位洋文 鮫島一歩
2着シャルール     牝4 55 横山典弘 松永幹夫
3着ダンツキャンサー  牝5 55 勝浦正樹 谷 潔

 単勝  2,020円
 枠連  3,600円
 馬連  4,120円
 馬単 11,610円

3連複  60,230円
3連単  397,120円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP