平日コンテンツ

『厳寒のターフを美しく青き色に染めて』


【2012年 京都牝馬ステークス】

 稀代のスーパーホースであり、スタリオン入りしてからも史上最速のスピードで勝ち鞍を量産しているディープインパクト。ファーストクロップより続々と大物を輩出したなか、ドナウブルーも忘れられない天才肌だった。
「妹より出世に時間がかかりましたが、あの仔の素質も非凡でしたね。豊富な成長力に目を見張るものがありました」
 と、古川慎司調教助手(石坂正厩舎)は現役時代を振り返る。
 同馬のひとつ下の全妹にジェンティルドンナ(牝馬3冠、ジャパンC2回、有馬記念、ドバイシーマC)がいる。母ドナブリーニ(その父ベルトリーニ)はイギリス生まれで、チェヴァリーパークS(2歳牝による芝6ハロンの英G1)の覇者。高額で導入された繁殖にとって注目の初仔だった。
「入厩初日に跨って、衝撃を受けました。トモの蹴りは、どこにこんな力が潜んでいるのか不思議に思えるほど。しかも、全身を無駄なく使え、ストライドが伸びる。女の子らしく繊細で、環境の変化に敏感でも、乗ることに関して苦労はなかったですよ。調教時は本当に素直な優等生ですから」
 ノーザンファーム早来でしっかり基礎固めされ、2歳9月に栗東へ。仕上りは早く、翌月の新馬(京都の芝1600m)を好タイムで快勝。引っ張りきりで先頭に立ち、瞬時に2馬身差を付けた。白菊賞ではゴールに向かって加速する決め手比べに対応し、一転した待機策から楽々と差し切る。
「速い流れだったのに、初戦はかかり気味に先行して押し切り。スローでも我慢が利いて、2戦目ではすごい切れ味を駆使しました。ここは通過点だとは思っていましたが、センスの良さは想像を超えていましたよ」
 だが、当初は飼い食いの細さが悩みだった。徐々に体を減らしてしまい、シンザン記念(5着)、フィリーズレビュー(4着)、ニュージーランドT(6着、同年は東日本大震災により阪神で施行)と善戦止まり。体重を20キロ増やして再スタートした秋シーズンも、ローズS(5着)や堀川特別(3着)を勝ち切れなかったものの、元値の違いで1000万下(京都の芝1800m)を突破する。先々を見据え、適切なリフレッシュを挟みながら、着々と地力強化が図られていく。
 格上挑戦した京都牝馬Sで重賞ウイナーの仲間入りを果たした。抑え切れないほどの手応えで中団を追走。4コーナーでは前に取りつき、後続を振り切りにかかる。2着にコンマ2秒の決定的な差を広げ、悠々と決勝線を通過した。
 手綱を取ったクリスチャン・デムーロ騎手も、反応の鋭さに驚きの表情を浮かべる。 「前走で跨った兄(ミルコ・デムーロ騎手)にアドバイスをもらい、個性はつかんでいたけど、終始、楽だったね。軽々と弾むような乗り心地。すごい脚を使える」
 初の長距離輸送が響き、中山牝馬Sでは11着に敗れたが、苦い経験もプラスに転じ、ヴィクトリアマイルを2着に健闘。慣れない左回りに大きく右へともたれながら、半馬身差の惜敗だった。
「ハイペースが堪え、安田記念は10着まで後退しましたが、それでも心が折れなかった。高いハードルを懸命にんばり通せたことで、一段とたくましくなったんです。輸送に強くなりましたし、レースの疲労が癒えるのが早くなりましたね。次の目標へも、きっちり攻めていけました」(古川助手)
 関屋記念でのパフォーマンスは鮮やかだった。馬群が凝縮し、レースのラスト3ハロンが32秒8という瞬発力勝負となったが、2番手からしっかり伸び、価値あるレコード勝ち。
 結局、これが最後の勝利となったが、府中牝馬S(3着)やマイルCS(3着)も見せ場はたっぷりあった。5歳シーズンもヴィクトリアマイル(5着)、府中牝馬S(2着)、マイルCS(5着)など、一線級を相手にがんばり通す。ラストランは京都牝馬S。惜しくも2着ではあったが、改めて確かな性能を示し、惜しまれながら繁殖入りした。
 それぞれの舞台で違った表情を見せながら、美しく青き大河に育ったドナウブルー。初仔となるイシュトヴァーン(牡3)は初勝利が目前。父ロードカナロアの2歳(牝)に続き、1歳のキングカメハメハ(牝)と、順調に夢のつぼみがふくらみつつある。母となっても、豊かな才能が湧き出る源流となって、鮮やかな色彩を放つに違いない。
 


第47回 京都牝馬ステークス(GⅢ)
1着ドナウブルー    牝4 52 Cデムーロ 石坂正
2着ショウリュウムーン 牝5 54 小牧太   佐々木晶三
3着アスカトップレディ 牝5 54 酒井学   須貝尚介

 単勝  440円
 枠連 1,060円
 馬連 1,070円
 馬単 2,010円

3連複  2,270円
3連単  10,930円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP