平日コンテンツ

『世界を照らす寒月の光彩』

アドマイヤムーン 【2007年 京都記念】『世界を照らす寒月の光彩』

【2007年 京都記念】

 セレクトセール(当歳)にて1600万円で落札されたアドマイヤムーン。ノーザンファーム早来で育成が進むと、めきめきと評価を上げていった。身体能力の高さは折り紙付き。調教を休んだことは皆無だった。
 父は豊富なスピードを伝えるエンドスウィープだが、母マイケイティーズ(不出走)がサンデーサイレンスの産駒だけに、伸びやかさも兼備。曾祖母ケイティーズ(愛1000ギニー)に連なる優秀な母系であり、近親にヒシアマゾン(エリザベス女王杯)、スリープレスナイト(スプリンターズS)らがいる。
 競走時代のピークは4歳シーズンだったが、新月のころより芳しい逸材だったアドマイヤムーン。2歳6月、函館競馬場に入厩。早くも翌月の芝1800mでデビューし、出遅れながらも豪快に大外を突き抜けた。粗削りな状況にもかかわらず、クローバー賞、札幌2歳Sと次々に突破。ラジオたんぱ杯2歳Sはハナ差の2着だったとはいえ、久々が影響し、もたれたのが敗因だった。ゲートの課題もクリアでき、クラシックへ向けて明るい展望が広がった。
 共同通信杯より3歳シーズンをスタート。瞬発力の違いを見せ付け、計ったように前を捕える。異次元の末脚で弥生賞も完勝。だが、皐月賞は大外から4着に迫ったところがゴールだった。落ち着いたペースに動けず、ダービー(7着)も不完全燃焼に終わる。
 輝きを取り戻したのが札幌記念。レースのラスト3ハロンをコンマ8秒も凌ぐ33秒5の切れを駆使し、歴戦の古馬をあっさり撃破した。天皇賞・秋(3着)でも、上がりは最速。香港Cで2着に食い込み、翌年の飛躍につなげた。
 京都記念で5つ目のタイトルを奪取した。中団でじっくり脚をため、直線は抜群の反応で先頭へ。一瞬で勝負を決める。着差はクビ差でも、最後まで余力はたっぷり残っていた。
「いつもスタートが遅いけれど、普通に出てくれたからね。すんなり流れに乗れ、終始、楽だった。スローペースだったうえ、59キロを背負っていたのにもかかわらず、文句なしの強さだよ。ドバイ遠征に向け、自信を深めることができた」
 と、武豊騎手は声を弾ませた。
 勇躍、ドバイデューティーフリーへ向かい、悲願のG1制覇を成し遂げる。直接、香港に移動して挑んだクイーンエリザベス2世C(3着)はスローペースに泣いた結果だった。
 帰国後も順調に調整され、宝塚記念に優勝。新たにコンビを組んだ岩田康誠騎手が調教から入念にコミュニケーションを取った成果もあり、豪快な差し切りを決めた。
 ダーレー・ジャパンに所有権が移り、4歳秋は2戦を消化。他馬と接触する不利を受け、天皇賞・秋は6着。いつもより早めに動くパターンを選択しながら、ジャパンCを堂々と勝ち切り、底力を再認識させた。
 ダーレー・ジャパン・スタリオン・コンプレックスで種牡馬入りすると、レオアクティブ(京王杯2歳S、京成杯AH)、ハクサンムーン(セントウルSなど重賞3勝)、アルキメデス(朝日チャレンジC)ら、強烈な個性を放つ産駒を送り出してきたアドマイヤムーン。昨年の高松宮記念ではセイウンコウセイが待望のG1勝ちを果たした。ブラックムーンによる京都金杯の制覇に続き、ファインニードルもシルクロードSで2つ目の重賞タイトルを奪取するなど、今シーズンは勢いに乗っている。根強い人気を誇っているだけに、新たな名月が続々と登場するに違いない。
 


第100回 京都記念(GⅡ)
1着アドマイヤムーン  牡4 59 武 豊   松田博資
2着ポップロック    牡6 58 Oペリエ  角居勝彦
3着トウショウナイト  牡6 57 武士沢友治 保田一隆

 単勝  400円
 枠連  340円
 馬連  450円
 馬単 1,000円

3連複   870円
3連単  4,070円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP