平日コンテンツ

『シルバーコレクターに黄金の輝き』


【2001年 日経新春杯】

 ドリームジャーニー(有馬記念、宝塚記念、朝日杯FS)、ナカヤマフェスタ(宝塚記念)、オルフェーヴル(牡馬クラシック3冠、有馬記念2回、宝塚記念)、ゴールドシップ(皐月賞、菊花賞、有馬記念、宝塚記念2回、天皇賞・春)、フェノーメノ(天皇賞・春2回)など、次々とビッグタイトルを手中に収めたステイゴールドの産駒たち。日本競馬を支えるサンデーサイレンスの後継にあっても、大舞台向きの底力に関しては断然のものがある。
 同馬の母ゴールデンサッシュ(その父ディクタス)は未勝利に終わったが、サッカーボーイ(マイルCS、阪神3歳S)の全妹にあたり、繁栄しているファミリー。当歳時に対面した池江泰郎調教師は、こんな第一印象を受けたという。
「小柄でも品があって、きりりとした雰囲気。全身を柔らかく使え、動かすと大きく見せるんだ」
 社台サラブレッドクラブにて総額総額3800万円で募集された同馬は、ノーザンファーム空港で基礎固めされ、3歳(現在の年齢表記では2歳)10月に栗東へ。12月の阪神、芝2000m(3着)でデビューする。2戦目は16着と大敗。右前の骨膜に配慮して放牧を挟んだ。2月の京都ではダートを試したが、コーナーで逃げ、鞍上の熊沢重文騎手を振り落として競争中止。調教再審査の制裁を受ける。
 当時、調教助手として携わっていた池江泰寿調教師は、こう若駒時代を振り返る。
「晩生だったことも確かですが、気性のキツさが半端じゃなく、猛獣みたいでしたからね。しかも、ずる賢く、一生懸命に走ろうとしない。左にもたれる悪癖も、そうすればジョッキーが満足に追えないことをわかってのことでした。矯正に苦労しましたよ」
 ただし、軽く、柔らかい反面、強靭さも兼ね備えた稀有な個性。使われながら持ち味を発揮し始める。2着を2走続けた後、5月の東京(芝2400m)、すいれん勝と連勝。阿寒湖特別で3勝目をつかみ、菊花賞(8着)へも駒を進めた。
 準オープンの身ながら、ダイヤモンドSを2着。それ以降はすべて重賞に挑んだ。天皇賞・春は2着、宝塚記念も2着、そして天皇賞・秋2着と歩んだころには「シルバーコレクター」との愛称が定着。堅実な走りに人気は高まる。有馬記念(3着)、翌年も宝塚記念(3着)、天皇賞・秋(2着)の健闘。ただし、なかなかトップでゴールすることはなく、結局、28連敗を喫した。
 なんとか勝たせたいと願った陣営は、目黒記念では熊沢騎手から武豊騎手への乗り替わりを決断する。名手も使命感に燃え、完璧な手綱さばきを見せる。好位で勝負することが多かった同馬をハイペースの中団で折り合わせ、直線まで追い出しを我慢した。進出を開始すると、場内より大歓声が沸き起こる。レースの上がりを2秒8も凌ぐ35秒3の豪脚を爆発させ、悠々とゴールへ。これまでの鬱憤を吹き飛ばす快勝に、しばらく拍手が鳴り止まなかった。
「G1でもこんなに祝福されることはない。じんときて、思わず涙が出たね」(池江泰郎調教師)
 翌冬の日経新春杯では2つのタイトルを奪取する。初騎乗となった藤田伸二騎手は、スローペースを読んで3番手に付けた。インをロスなく立ち回り、楽な手応えで4コーナーを通過。58・5キロの酷量を簡単に跳ね除け、先頭へと踊り出る。格の違いを見せ付けるコンマ2秒差。一瞬にして勝負を決めた。
 殊勲のジョッキーも、絶対能力の高さを賞賛した。
「これまでのレースを見て、ズブいイメージを抱いていたけど、実際に跨ったら、こちらが疲れるほどじゃなかった。気を抜いて走るとはいえ、押っ付ける必要がなかったもの。しばらくG1で結果が出なかったが、不利もあったよう。スムーズな競馬ができたのがなによりだよ。速い上がりになっても、しっかりと伸びたあたりに、超一流の風格を感じた」
 勢いに乗り、ドバイシーマクラシック(当時はG2)に挑む。ファンタスティックライトをゴール寸前で捕らえ、世界にその名を轟かせた。さらに香港ヴァーズでは国際G1を制覇。幸せな競争生活を終えた。
 全50戦を振り返れば、壮大な叙事詩のような深みがある。2015年の種付けシーズン中に急逝したのが惜しまれるものの、まばゆい輝きが後継たちに受け継がれ、黄金のサイアーラインは豪華に展開していく。
 


第48回 日経新春杯(GⅡ)
1着ステイゴールド   牡7 58.5 藤田伸二 池江泰郎
2着サンエムエックス  牡5 55  松永幹夫 松田正弘
3着ヤマニンリスペクト 牡4 54  福永祐一 浅見秀一

 単勝  760円
 枠連 1,390円
 馬連 2,240円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP