平日コンテンツ

『パワフルな淑女が秘めていた驚きの瞬発力』


【2012年 愛知杯】

 ファンタジーSやセントウルSを制した快速馬だったテネシーガール(その父パインブラフ)。アメリカに渡って繁殖生活を送っていた際、レイチェルアレクサンドラ(米年度代表馬)らの父として知られる人気サイアー、メダグリアドーロが配されて誕生したのがエーシンメンフィスだった。同馬は持ち込みだが、半姉には“マル外”のエーシントゥルボー(3勝)がいる。
 管理した野中賢二調教師は、こう若駒当時を振り返る。
「血統的な期待だけでなく、生まれた直後に見ても整ったバランスをしていた。ただし、大きく育ったとはいっても、女の子らしい繊細さが付きまとったよ。体質が弱かったし、精神面も過敏。他馬がしっぽを振っただけで怖がってしまう。3歳の6月(阪神のダート1200mを8着)にはデビューにこぎつけたが、なかなか攻め切れない状況だった」
 固まっていない脚元に配慮し、11戦続けてダートへ。3歳9月の小倉、ダート1700mで未勝利を脱出すると、続く阪神のダート1800mも連勝した。その後は3度の放牧を挟んで成長を促しながら歩み、4歳10月に新潟のダート1800mを勝ち上がった。
「ようやく心身が大人になり、坂路でそろっと仕上げる段階を卒業。コースも併用し、しっかり鍛えられるようになった。それで、ずっと試したかった芝へ目を向けたんだ」
 12番人気の低評価を跳ね返し、衣笠特別を鮮やかに逃げ切り。だが、不良馬場に助けられたとの見方もあり、ハンデ51キロの恵量にもかかわらず、愛知杯も7番人気にすぎなかった。
 ここでもハナを主張。競りかけてくる馬もなく、5ハロン通過が64秒5というスローに持ち込んだ。楽な手応えで直線に向き、早めにスパート。ラスト2ハロン目は11秒0の鋭さで後続を突き放す。1馬身半の差を付け、ゴールに飛び込んだ。ターフ2戦目にして重賞ウイナーに輝いたのだ。
「もともとキャンターが軽いし、併せ馬で追い切ると終いもすばらしい伸び。肉体面の充実が著しく、格上挑戦でもやれそうな手応えはあった。それでも、想像以上の強さに驚かされたね」
 続く京都牝馬Sでは大外を豪快に追い込み、2着を確保。勝ち馬には離されたとはいえ、インが伸びる馬場状態だった。初のマイルに加え、良の芝を走るのも初めて。スローの決め手比べにも対応し、イメージを一新させる。
「リズム良く脚をためられれば、ある程度は瞬発力を生かせると見て、控える戦法を試すつもりだった。それでも、あんな位置取りになるとは。もちろん、ラストの反応にもびっくりさせられたよ。適性などは、結局、最後までつかみ切れなかったなぁ」
 調教はますます快調。しかし、精神的にはもろさも抱えていた。マイラーズC(17着)、ヴィクトリアマイル(9着)、マーメイドS(9着)と低迷。レース運びに関する課題に関しても、キャリアを積めば解消に向かうと思われたものの、以降は態勢が整わず、繁殖入りすることとなった。
 最盛期が短かった反面、愛知杯での一撃はいつまでも鮮明なまま。初仔のマイネルミシシッピに続き、イルヴェントドーロも2歳になった。エーシンメンフィスの隠された才能は、いずれ産駒たちが発揮するに違いない。
 


第50回 愛知杯(GⅢ)
1着エーシンメンフィス 牝4 51 川須栄彦 野中賢二
2着サンシャイン    牝3 52 中舘英二 藤岡健一
3着オールザットジャズ 牝4 56 川田将雅 角居勝彦

 単勝  1,450円
 枠連  2,740円
 馬連 14,100円
 馬単 26,510円

3連複  34,660円
3連単  219,120円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP