平日コンテンツ

『才能だけで駆け登った栄光の頂』


【2011年 ラジオNIKKEI杯2歳ステークス】

 稀代のスーパーホースであり、スタリオン入りしてからも日本競馬を牽引するディープインパクト。トップサイアーの地位を確固たるものにしたのが2世代目だった。ジェンティルドンナを筆頭に多数のトップホースを送り出した黄金世代にあって、ノーザンファーム空港での育成時より、アダムスピークも一貫して高い評価を受けていた。
 イギリスに生まれ、アメリカのターフ(デルマーオークス)でG1勝ちを成し遂げたシンハリーズ(その父シングスピール)が母。同馬の妹にリラヴァティ(マーメイドS)、シンハライト(オークスなど重賞3勝、桜花賞を2着)、ミリッサ(現3勝)らがいて、石坂正厩舎にとっては宝物のような血筋となっている。
 2歳10月、栗東に入厩。順調に調整が進み、阪神の芝2000mでデビューする。いきなり2馬身半差の快勝。スローペースをスムーズに折り合い、瞬時に抜け出した。
 古川慎司調教助手は、こう当時の思い出を話してくれる。
「初めて跨ったときでも、背中の柔らかさは抜けていましたね。ひと追いごとに反応が際立ってきました。それでも、期待以上の内容でしたよ。まだトモの緩さも残り、ゲート試験は2回目で合格。スタートは速くないと思っていたのに、すっと好位へ行けるセンスの良さを示したのですから」
 そして、ラジオNIKKEI杯2歳Sへ。前に馬を置いて我慢させ、直線はわずかに開いたスペースを割って鋭く伸びた。ゴールドシップ、グランデッツァら強力なライバルを相手に、最速の上がり(3ハロン35秒1)をマーク。1馬身半差の堂々たる勝利を収める。
「また想像をはるかに超える走り。2戦目でできる芸当ではなく、クラシックに向けて自信を深めました。ところが、弥生賞(8着)ではパドックからやる気になりすぎてしまって。慎重に乗った結果だったいはいえ、本当にかわいそうでしたよ。スローペースに馬群が凝縮。勝負どころでは左右から押され、動くに動けないかたちに。直線も外からぶつけられたうえ、前がふさがってしまう。4回も5回もスムーズさを欠きました」
 精神面のコントロールに難しさを増したうえ、鼻出血を発症し、皐月賞は18着に大敗する。ダービーを断念し、入念に立て直しが図られたが、神戸新聞杯を前に屈腱炎を発症。1年9か月もレースから遠ざかった。
 5歳になり、逢坂山特別で復帰(6着)。花見小路特別(7着)でも、しきりに行きたがり不完全燃焼。ダートに目を向け、日吉特別で2着に浮上し、続く東京のダート1600mを順当に差し切ったが、ここで脚元が限界に達した。ノーザンホースパークで乗馬となり、静かに余生を送っている。
 晴れ舞台での登頂は果たせなかったものの、底知れない才能をうかがわせたアダムスピーク(人類の始祖、アダムの足跡とされる岩穴があるスリランカの山より命名)。一気に高いハードルを打ち破った勇姿は、多くのファンの目に焼き付いている。
 


第28回 ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(GⅢ)
1着アダムスピーク 牡2 55 Cルメール 石坂正
2着ゴールドシップ 牡2 55 安藤勝己  須貝尚介
3着グランデッツァ 牡2 55 秋山真一郎 平田修

 単勝 1,000円
 枠連 2,050円
 馬連 3,100円
 馬単 6,590円

3連複  3,010円
3連単  30,970円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP