平日コンテンツ

『真面目な乙女が放つ魔法の末脚』


【2016年 ターコイズステークス】

2歳7月に迎えた福島の新馬(芝1800m)は2着だったものの、後方から目を見張る末脚を駆使したマジックタイム。しばらくは出遅れるのが常だったが、新潟の芝1600mを順当に差し切った。レースのラスト3ハロンを1秒7も凌ぐ瞬発力を発揮している。きんもくせい特別も抜群の決め手で連勝。阪神JF(6着)にも駒を進めた。
「当初より非凡な能力を感じていました。ただし、真面目すぎる気性が空回り。そんななかでも、最後まであきらめず、懸命に追い込んできます。間隔を開けながら、大切に使ってきましたし、脚元のトラブルとは無縁。この父らしく、豊富な成長力を見込んでいましたよ」
 と、中川公成調教師は若駒当時を振り返る。
 有馬記念やドバイシーマクラシックを制したハーツクライの産駒。母タイムウィルテル(その父ブライアンズタイム)はフローラSを2着した実績を誇る。ゲシュタルト(京都新聞杯)、クリスザブレイヴ(富士S)などが近親に名を連ねる優秀な血筋である。
 クイーンCを2着して、クラシックへと夢がふくらんだが、フローラS(6着)、オークス(13着)と足踏み。秋風S(クビ差の2着)、ユートピアS(6着)も期待を裏切った。晩春Sで2着しながら、翌春の3戦も不完全燃焼に終わる。
「勝負のタイミングは先と見て、4歳夏に長めのリフレッシュを図ったのが功を奏しましたね。精神的にひと皮むけ、ぐっと落ち着きを増しました。ゲートが改善され、馬込みも平気になったんです。レースが迫っても加減せず、きちんと負荷をかけられるように。体力面の充実も明らかでしたよ」
 東京の1000万下を楽勝したうえ、ユートピアSもアタマ差の2着。節分Sに勝ち、京都牝馬Sもクビ差の2着に健闘する。そして、ダービー卿CTでは、インを鮮やかに突き抜け、初のタイトルを奪取した。ヴィクトリアマイル(6着)、関屋記念(3着)、府中牝馬S(2着)、マイルCS(8着)でも、堅実に差を詰めている。
 クラブの規定で6歳3月には繁殖入り。残されたチャンスが少なくなり、ターコイズSはなんとしても結果を出したい一戦だった。ファンも単勝2・9倍の1番人気に支持する。先行勢がハイラップを刻み、道中は後方の位置取り。直線も馬群が密集し、進路が開くのを待つ必要があったが、ラスト1ハロンで一気に先頭へ踊り出る。熾烈な2着争いを尻目に、1馬身半の決定的な差を付け、栄光のゴールに到達した。
 みごとに持ち味を引き出したクリストフ・ルメール騎手は、こう安堵の笑みを浮かべた。
「前を射程に入れ、道中はリラックス。いいリズムだったし、直線の反応が違い、スムーズにさばけたよ。前回に跨った府中牝馬Sで悔しい思いをしたけど、勝ったクイーンズリングはG1ウイナーになったからね。この相手なら、負けられないと思っていた」
 ラストランとなった中山牝馬Sもクビ差の2着に食い下がり、多くの拍手に送られて引退したマジックタイム。母となっても、卓越した身体能力や勝負根性を子供たちに伝えるに違いない。
 


第2回 ターコイズステークス
1着マジックタイム   牝5 56  Cルメール 中川公成
2着レッツゴードンキ  牝4 56.5 岩田康誠  梅田智之
3着カフェブリリアント 牝6 55  戸崎圭太  堀宣行

 単勝  290円
 枠連 1,180円
 馬連 1,910円
 馬単 2,900円

3連複  4,050円
3連単  17,140円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP